とにかく迎合する前に批判せよが、簡にして要を得た回答となる。

公房「そこで国家は、かつて辺境の「異端」と闘い、国境線を守り抜いたように、こんどは内なる辺境(移動社会)の「異端」にむかって、正統擁護の闘いを開始しなければならなくなった。非国民…排外主義者…秩序破壊者…外国の手先…アカ…全学連…等々」

サイード「集団が信奉する公式見解をくりかえすだけなら、なんとたやすいことだろう」

散人「今の世を見るに、世人は飲食物を初めとして学術文芸に至るまで、各人個有の趣味と見解とを持っていることを認めない。十人十色の諺のあることは知っているらしいが、各自の趣味と見識とはその場合場合に臨んでは、忍んでこれを棄てべきものと思っているらしい」

夷斎「それにしても、ああ、益々御風流……いよいよ、きちがいじみて来た」

K「われわれの救いは死である。しかし〈この〉死ではない」

公房「絶望するのはまだ早い。都市の広場が暗ければ、国境の闇はさらに深いはずなのだ。越境者に必要なのは何も光ばかりとは限るまい」

アレント「最も暗い時代においてさえ、人は何かしら光明を期待する権利を持つこと、こうした光明は理論や概念からというよりはむしろ少数の人々がともす不確かでちらちらとゆれる、多くは弱い光から発すること…」

サイード「たとえほんとうに移民でなくとも、故国喪失者でなくとも、自分のことを移民であり故国喪失者であると考えることはできるし、数々の障壁にもめげることなく想像をはたらかせ探求することもできる。すべてを中心化する権威的体制から離れて周辺へとおもむくこともできる」

ブルトン「いとしい想像力よ、私がおまえのなかでなによりも愛しているのは、おまえが容赦しないということなのだ」

サイード「おそらく周辺では、これまで伝統的なものや心地よいものの境界を乗り越えて旅をしたことのない人間にはみえないものが、かならずやみえてくるはずである」

苦沙弥「個人主義は人を目標として向背を決する前に、まず理非を明らめて、去就を定めるのだから、或場合にはたった一人ぼっちになって、淋しい心持がするのです。それはそのはずです。槙雑木でも束になっていれば心丈夫ですから」

安吾「だが堕落者は常にそこからハミだして、ただ一人曠野を歩いて行くのである」

詩人「人のいやがるものこそ、僕の好物。とりわけ嫌ひは、気の揃ふといふことだ」

ツァラ「自由、自由。ぼくは菜食主義者ではないから、レシピを提供することはできない」

ママ「すべて楽しいことは、お腹にいいのですよ!」

佐渡岳利「NO SMOKING」@シネスイッチ銀座

『細野観光』には結局行けなかった。
都合が付かなかったのもあるけど、ヒルズのあの空間が嫌いということもあったり。
なのでそのぶん、今日は細野さんのドキュメンタリー『NO SMOKING』を。

よくできた映画だ(細野さんを題材にして駄作になるはずがない)が、初めに言ってしまえば、短すぎる。
細野さんの人生を2時間足らずでフォローするなんて、土台無理な話だ。
それでも、肝心なところは勿論きちんと押さえてある。

個人的には、もっと個々のアルバムについて突っ込んだ話が聞きたかった。
また、細野さんのインタビューがメインなので、周辺のミュージシャンへのインタビューはほぼ皆無。
そこも少し不満。
はっぴいえんど〜ティンパン〜YMO〜アンビエント〜ルーツ回帰、その他サントラや歌謡曲界隈までの人脈を網羅して細野さんについて語ってもらいたかった。
それはそれで膨大すぎるので、まあ夢みたいなものだけども。

それにしても。
細野さんと大滝さんの邂逅は何度聴いても楽しい。
お、Get Together!

成瀬巳喜男「乱れる」@神保町シアター

実は初見の一本。


語るところはいくらでもある。
『鰯雲』と同様に描かれる都市化とか、チンドン屋がスーパーの軽トラに取って代わられてるとか、白川由美さんの綺麗さとか、一平君のハマりっぷりとか、斎藤一郎の音楽とか。

でもそんなこんなはどうでもいいぐらい、デコちゃんが可愛い。
義理の弟の加山雄三より11歳年上の設定、実際の年齢でももう若くはない(それでも30代だと思うが)。
それなのにこの可愛さは異常だ。

弟に愛を告白されてからの〈女〉としての変貌ぶり、特に電話で泥酔した弟を心配する母性愛が爆発した口調が堪らない。
そして全編の重みを一瞬で凌駕してしまうラストワンカット。
(『草枕』のラストを思い出す。)

義理の姉に幻想を抱いている自分のような人間には、漱石の諸作と並ぶ猛毒だ。

Kate Bush「Never For Ever」

一番好きなKate Bushのアルバムは3rd『Never For Ever』。
リマスター盤LPをようやく買った(そのうちハイレゾも買う)。


(リマスター盤はシュリンクで汚く写ってしまうので国内盤をメインに)

1stのポップさと、4thではちょっとやり過ぎた感もある緻密なアレンジがちょうどいい塩梅でバランスしたアルバムだと思う。

捨て曲はもちろん無し。全曲素晴らしいが、とにかくA面2曲目の「Delius」が好き。
コードワーク、メロディ、アレンジ、ボーカル、どれを取っても完璧。
彼女の歌は誰にでも歌えるという性質のものじゃないから、スタンダードにはなり得ないだろうが、それとは違った形で、録音芸術の完成形のひとつとして、ずっと残っていくはず。

死ぬまでに一曲でいいから、こんな曲を録ってみたい。


PVも悪くはないが、フィルムじゃないこともあってちょっと神秘性は削がれた感じ。

Kate Bush「Never For Ever」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 洋楽 タグ ,

E.M.シオラン「生誕の災厄」 – 優しい絶望


シオランのこの本は、なんとなく手にとって開いたところを読むので、何度読み終えても読み終えることがない。

不思議な本である。
相当に辛辣で皮肉なことを言ってるのに、それを押しつけてくる腕力がないというか。
口調が優しい。自分の言葉が正しくても間違っていても問題じゃない、といった態度。
否、問題じゃないとは思っていないだろうけど、反論が来たら、すぐに言い負かされてしまいそうな、それを良しとしているような著者の姿が見える。

本当に絶望すると、人は無駄な理論武装や警戒を解くのかもしれない。だって絶望しているから。
ここまで無防備でいいのか、こっちが心配になるくらいで、最後のページを読み終えても、また別のページをめくってしまう。

それにしてもシオランほどの著者の本が、どの文庫にも入ってないのは不思議。
もちろん紀伊国屋書店には敬意を表すけど、寝る前に本の状態を気にせずパラパラ読みたいから、ちくま学芸文庫あたりにも入ってほしい。

V.A.「SOUND DICTIONARY NO.008」


最近ヤフオクで検索に引っ掛かってきたブツ。
96年秋ごろに配布されていたフリーカセットらしい。


Jungle Smileが3曲「JINGLE」を提供。
タイトル通り短いジングルなんだろうが、ジャンスマの音源はコンプリートしなければいけないので即購入。
ただ、いま手許にカセットプレーヤーが無いので音を確認できないしPCに取り込めない。
ラジオの同録もカビが生えないうちにデータ化したいし、なんとかしなきゃ。

The 特撮Collection ゴジラ (1992)

懐かしいプラモデルのデッドストックを入手。
〈The 特撮Collection〉の初代ゴジラを、『vsモスラ』公開時に再発したもの。
バトゴジの頭部と腕が新しく加えられてるだけで、他のパーツは初代ゴジラのまま。初代の頭部と腕も付属したままなので、コンパチで初ゴジとバトゴジを選べる。

このキットは爺ちゃんの家に遊びに行くと、必ずハローマックで買ってもらった、という印象があって、たぶん3~4個は作ったと思う。
最初の一体は水性塗料でピカピカの黒に塗って父親に酷評されたなぁ、たしか。

〈The 特撮Collection〉もガンプラみたいに定期的に再版がかかってたのか、新作ゴジラ絡み以外のキットも、入手しやすいロングセラーだった。

ガラモンなんかは酷かったが、ペギラとかゴモラはガレージキットを見慣れた目で見ても、デフォルメ具合と作りやすさのバランスがいい好キットだった。
ガレージキットの代わりに作るには値段も安くてちょうど良かった。箱絵もカッコ良かったし。

惜しむらくはキングギドラを買わなかったこと。
あれもなかなか好きな造形なので、もし安く手に入ったら作ってみたい。

チャクラ「さてこそ」(2019年レコードの日)

11月3日は、ゴジラの誕生日でもあり、レコードの日でもあり。
どっちにしろ素敵な日。

レコードの日とは言っても限定品を買うことはまずないのだが、今年はチャクラの『さてこそ』を買った。

チャクラの3枚(と美潮さんの1st)は中古でも見かけたことがないので、これは嬉しい復刻。
オリジナルと比較のしようがないから分からないが、ジャケの色合いや帯も含めて忠実なはず。

いままで聴いてた02年リマスターは、音圧重視じゃないのはいいけどパンチも今一つだったので、今回のマスタリングには満足してる。いい音。

「ミュンミュン」とか「いとほに」とか。まさに麻薬。耳楽し。