とにかく迎合する前に批判せよが、簡にして要を得た回答となる。

公房「そこで国家は、かつて辺境の「異端」と闘い、国境線を守り抜いたように、こんどは内なる辺境(移動社会)の「異端」にむかって、正統擁護の闘いを開始しなければならなくなった。非国民…排外主義者…秩序破壊者…外国の手先…アカ…全学連…等々。運よくそこに、生来の都市生活者であるユダヤ系市民でもいてくれれば、むろんさっそく、国益を無視する危険なユダ公ども…」

サイード「集団が信奉する公式見解をくりかえすだけなら、なんとたやすいことだろう」

散人「今の世を見るに、世人は飲食物を初めとして学術文芸に至るまで、各人個有の趣味と見解とを持っていることを認めない。十人十色の諺のあることは知っているらしいが、各自の趣味と見識とはその場合場合に臨んでは、忍んでこれを棄てべきものと思っているらしい」

夷斎「それにしても、ああ、益々御風流……いよいよ、きちがいじみて来た」

K「われわれの救いは死である。しかし〈この〉死ではない」

公房「絶望するのはまだ早い。都市の広場が暗ければ、国境の闇はさらに深いはずなのだ。越境者に必要なのは何も光ばかりとは限るまい」

アレント「最も暗い時代においてさえ、人は何かしら光明を期待する権利を持つこと、こうした光明は理論や概念からというよりはむしろ少数の人々がともす不確かでちらちらとゆれる、多くは弱い光から発すること…」

サイード「たとえほんとうに移民でなくとも、故国喪失者でなくとも、自分のことを移民であり故国喪失者であると考えることはできるし、数々の障壁にもめげることなく想像をはたらかせ探求することもできる。すべてを中心化する権威的体制から離れて周辺へとおもむくこともできる」

ブルトン「いとしい想像力よ、私がおまえのなかでなによりも愛しているのは、おまえが容赦しないということなのだ」

サイード「おそらく周辺では、これまで伝統的なものや心地よいものの境界を乗り越えて旅をしたことのない人間にはみえないものが、かならずやみえてくるはずである」

苦沙弥「個人主義は人を目標として向背を決する前に、まず理非を明らめて、去就を定めるのだから、或場合にはたった一人ぼっちになって、淋しい心持がするのです。それはそのはずです。槙雑木でも束になっていれば心丈夫ですから」

安吾「だが堕落者は常にそこからハミだして、ただ一人曠野を歩いて行くのである」

詩人「人のいやがるものこそ、僕の好物。とりわけ嫌ひは、気の揃ふといふことだ」

ツァラ「自由、自由。ぼくは菜食主義者ではないから、レシピを提供することはできない」

ママ「すべて楽しいことは、お腹にいいのですよ!」

広告

北野武「菊次郎の夏」@キネマ旬報シアター

北野映画の中でもいまいち食指が動かなかった『菊次郎の夏』を観る。

普通に良い映画だった。
でも北野武に〈普通に良い映画〉なんて求めてるわけでもない。

そしてここに来て遂に映像と音楽の力関係が逆転する。
あのテーマ曲じゃなかったら、結構退屈な映画だったんじゃないだろうか。
音楽に引っ張られて観てしまうけど、終盤の展開は間延びしてる気がする。

もともと既存の映画とはテンポが違う北野映画だが、本作の場合そこに快感はなくて退屈な場面も多い。
良かったのは競輪場の場面とか。

あとは殿が人前に出してあげたいパフォーマーがフィーチャーされてるシーンなんかも、リズムを悪いほうに壊してる。麿赤兒先生のシーンも同じ。
義太夫さんとらっきょさんにしても、これまでの映画であんまり使ってこなかったから「今度はお前らな」って感じが透けて見える。殿の優しさが自分にとってはちょっと邪魔だったり。
でもキヨシさんのシーンは最高。

『HANA-BI』と正反対なたけしと岸本加世子の夫婦にニンマリするだけで充分な映画だ。
桜橋の下を通過する艀とか、好きなシーンもいくつかあるけど、ここまで観客に媚びることもなかろうて。

Wilko Johnson@渋谷クラブクアトロ

ようやくウィルコに会えた。

14年の来日は、これで最後だからと頑張ってチケットも取ったのに、自分の体調が悪くて行けなかった。
なにしろ余命宣告までされている。遠からず死んでしまうんだから、もう二度とウィルコには会えないんだと思って諦めていた。

そこからの、本当に奇蹟としか言い様のない復活劇。
逝ってしまう人ばかりの中で、ウィルコは死の淵から戻ってきてくれた。とんでもない人だ。

ライブは…最高だった。
ソロは聴いてないアルバムも何枚かあるけど、基本はどの曲もシンプルでゴリゴリなロックンロール。
予習とかそういう下らないことは要らない。リフ、フィル、ベースが揃ったらあとは乗るだけ。

「Going Back Home」でやっとウィルコに撃たれた。嬉しかった。思わず笑いながら仰け反ってしまった。

ノーマン・ワットロイのベースも凄い。だいたい顔が凄い。
ポール・コゾフはチョーキングのときにガイラみたいな顔になるが、それに近いものがあった。
たまに弾きすぎて小節はみ出したりしてたけど、それがどうした。ロックンロールだ!

会える人には会えるうちに会っておかないといけない。
とにかく、Keep on Rockin’, Wilko!!

児島洋「POOCS」

10月4日、12年分の宅録音源を選りすぐったコンピレーション『POOCS』が、ディスクユニオンのインディーズ取扱店舗(とオンラインショップ)で発売になりました。

見ての通り、ジャケットはピート・タウンゼントの『Scoop』へのオマージュです。

ピートのデモテープ集なら確かにスクープだし、大ニュース(当時の邦題)ですが、凡人の宅録作品なんてベタ記事にもなりません。誤報です。
それでも地方面の片隅を賑わすぐらいの曲は何曲かある、と思います。

ピートのコード進行に影響された曲も勿論あります。
その他、『HOSONO HOUSE』の音像再現にのめり込むあまり、部屋に引きこもり大学中退に至るきっかけになった曲、4トラックMTRを酷使したスペクターサウンド、Hasil Adkinsばりの変なサイコビリーや、1年半続けた1日1作曲運動の成果からのよりぬき、国会前ほか各地デモからのコラージュ、ノイズにアンビエント、ポエトリーリーディングまで、それが音ならなんでもありの33曲です。

これまでも何度かアルバムを委託形式で販売・レンタルしたことはありますが、〈委託販売のために〉作ったアルバムは初めてです。
自然と、聴き手本位のアルバムになっていると思います。

1CDR、300円です。ぜひお手に取って頂ければ幸いです。

ディスクユニオンオンラインショップの商品ページはこちらです。

北野武「HANA-BI」@キネマ旬報シアター

ここのところ不調で、観たい映画は山ほどあるのに一本も観に行けていない。
やっと見つけた隙間の時間にキネマ旬報シアターへ。
北野武『HANA-BI』。

再見だが、久しぶりなので良し。


駅を出たら寒かった。

『あの夏』と『ソナチネ』では饒舌すぎて映像から遊離していた久石譲の音楽が、ここでは完全に映像と一体化しているのが凄い。
(『キッズ・リターン』は好きじゃないので覚えてない)
本作のたけしは極端にセリフが少ないので、それも良かったのだろう。

『ソナチネ』だって死生観を扱ってはいたのだが、それとは比較にならないほど『HANA-BI』が重量級の作品になっているのは、逸見さんが亡くなり、たけし自身も生死の淵を彷徨ってしまったからなのか。

『ソナチネ』ではまだ怖がりつつも死と戯れていた感すらあるが、本作にそういう刹那的な無邪気さは無い。

半身不随で刑事を退職した大杉漣は絵を描き始める。
ポジティブな事象であるはずなのに、画面には〈死に損なった〉〈死ねなかった〉〈死を諦めた〉ような虚無感が横たわっている。
それでもこんなに絵が描きたくなる映画はないけどね。(花屋のシーンは少ししつこいと思う)

主人公の名前が『その男』と対になってたり、作品自体『その男』のパラレルな続篇みたいだったり、それこそラストシーンは『ソナチネ』だったり、集大成的な色合いも濃い。

でも久しぶりに観直した結果、高田センセーの「カミさんへのラブレター」説がいちばん妥当なんではないかと。
西の奥さんが最後の最後に口にする「ありがとう」と「ごめんね」。
殿は奥さんにこれを伝えたいがために本作を作ったんじゃないかと。
だとしたらなんてカッコイイんだ。
(いやまあ、常人には想像できないほど泣かせてもきたんでしょうが)


キネマ旬報シアターも館内の展示が凝っていて愉しい。バックナンバーも読める。

今回は久しぶりのフィルム上映ということで、スタッフの方がお客さん達に映写機を見せて解説していた。
自分も待ち時間に映写室を見せて頂き、少しだけ雑談した。
映画好きな方とのおしゃべりは愉しい。
やっぱり名画座は愉しい。

祝 東京オリンピック買収成功

なにひとつ明るいニュースが無い中で、久しぶりにおめでたいニュース。


guardianによれば、東京オリンピック招致のために日本がIOC幹部を買収した可能性が濃厚だそうで。
またひとつオリンピックに泥を塗ってくれた。招致委員会の皆さん、電通の皆さん、ありがとう。

こういう報道があると、「そんなのオリンピックでは当たり前」なんてことを言う人が必ずいるが、そんな人間に「感動のためなら多少国民の負担が増えても止むをえない」とか言われたくない。

確かにあなたの感受性なら、日常の中に面白いこととか、ちょっとした愉しみなんかを見つけるのは無理だろう。
SEとBGMで指示されないと笑うことも泣くことも出来ないだろう。
だから、感動を上から与えて頂きたい乞食根性はよくわかる。

でも、そんな人間と呼べるかどうか判らない生き物と一緒にされるほうは堪ったもんじゃないので、どうしても「がんばれニッポン」を叫びたいなら乞食同士カンパでもして勝手にやってほしい。

これ以上くだらない騒ぎのために無駄な金を払わせないでほしい。
東京をくだらない理由で壊さないでほしい。

万が一クリーンな招致だったとしても開催は絶対許さないし、そもそも袖の下を受け取るような連中だからIOCとかいうのもクズの集まりなんだろう。
もちろん、後になって「知らなかった」で済ますだろう大多数の日本人がクズなのは言うまでもない。

とりあえず今回は真っ黒ということで実におめでたい。
日本晴れ。

徳大寺有恒「ぶ男に生まれて」

土屋嘉男さんが亡くなっていたことが判ると、今度はサム・シェパードに続いてハリー・ディーン・スタントンも逝ってしまった。
訃報が減ることはない。そのくせ死んだほうがいい人間ほど厚顔無恥に長生きするのが許せない。
いくら許せなくても殺すわけにはいかないから、諦めて不貞寝でもするしかない。そもそも生まれてきたことが不幸なのだから。

最近読んで少し元気になれた本。徳大寺有恒さんの『ぶ男に生まれて』。

出版当時(20年近く前)、コサキンでムックンがこの本のこと、徳大寺さんと食事したことを話していた。
とにかく男はスケベじゃなきゃいけないと書いてあって嬉しかった、と。

ムックンの言葉通りの内容だが、ここまでコンプレックスをあからさまに書ける徳大寺有恒は凄い。
初体験、セックス、オナニー、不倫にテレクラ…。もちろんそれだけの本ではないけど、笑ってしまう。

クルマにはまったく興味がないが、それでも徳大寺さんのクルマ批評は面白くて好きだった。こんな人が書いているなら、それも当たり前だったのだ。

さすがに20年前の本だから、「最近の若い人」を想定した箇所は意味を成さないほど社会状況は悪化してるし、精神論に「ちょっとなぁ」と思うところもある。

それでもこの人は本当にカッコイイ、死ぬまでスケベでいたいと思わせてくれる。
ぶ男はぶ男なりにやってくしかない。

kindleストアでドローイング集を出しました

これまでに書きためたドローイング、スケッチ、デッサン、平面作品、落書きで手許に残っているものはすべてtumblrにアップしています。
ですが、量が多くなりすぎてしまったので(数えてませんが1000枚単位)、少しずつテーマごとに編集してkindle本にすることにしました。

最初の2冊がこちらです。

「I Can’t Stop Drawing Vol.1」
これは1冊目なので、テーマ別編集というより、いろんな傾向の絵を雑多に集めたものです。
The Whoや怪獣をモチーフに描くことが多いので、権利関係に触れないものを選ぶと意外と数が少なくなり苦労しました。
(表紙もPete Townshendをイメージしてはいますが、実際の写真は参考にしていません)

「There Is No Way Out」
孤独感や虚無感が特に強く感じられる絵を集めました。自分らしい絵というのがあるとすればこういうものなんだろうと思います。
夜中に読むと寂しくなったり死にたくなること請け合いです。

ご覧いただけたら嬉しいです。