とにかく迎合する前に批判せよが、簡にして要を得た回答となる。

公房「そこで国家は、かつて辺境の「異端」と闘い、国境線を守り抜いたように、こんどは内なる辺境(移動社会)の「異端」にむかって、正統擁護の闘いを開始しなければならなくなった。非国民…排外主義者…秩序破壊者…外国の手先…アカ…全学連…等々」

サイード「集団が信奉する公式見解をくりかえすだけなら、なんとたやすいことだろう」

散人「今の世を見るに、世人は飲食物を初めとして学術文芸に至るまで、各人個有の趣味と見解とを持っていることを認めない。十人十色の諺のあることは知っているらしいが、各自の趣味と見識とはその場合場合に臨んでは、忍んでこれを棄てべきものと思っているらしい」

夷斎「それにしても、ああ、益々御風流……いよいよ、きちがいじみて来た」

K「われわれの救いは死である。しかし〈この〉死ではない」

公房「絶望するのはまだ早い。都市の広場が暗ければ、国境の闇はさらに深いはずなのだ。越境者に必要なのは何も光ばかりとは限るまい」

アレント「最も暗い時代においてさえ、人は何かしら光明を期待する権利を持つこと、こうした光明は理論や概念からというよりはむしろ少数の人々がともす不確かでちらちらとゆれる、多くは弱い光から発すること…」

サイード「たとえほんとうに移民でなくとも、故国喪失者でなくとも、自分のことを移民であり故国喪失者であると考えることはできるし、数々の障壁にもめげることなく想像をはたらかせ探求することもできる。すべてを中心化する権威的体制から離れて周辺へとおもむくこともできる」

ブルトン「いとしい想像力よ、私がおまえのなかでなによりも愛しているのは、おまえが容赦しないということなのだ」

サイード「おそらく周辺では、これまで伝統的なものや心地よいものの境界を乗り越えて旅をしたことのない人間にはみえないものが、かならずやみえてくるはずである」

苦沙弥「個人主義は人を目標として向背を決する前に、まず理非を明らめて、去就を定めるのだから、或場合にはたった一人ぼっちになって、淋しい心持がするのです。それはそのはずです。槙雑木でも束になっていれば心丈夫ですから」

安吾「だが堕落者は常にそこからハミだして、ただ一人曠野を歩いて行くのである」

詩人「人のいやがるものこそ、僕の好物。とりわけ嫌ひは、気の揃ふといふことだ」

ツァラ「自由、自由。ぼくは菜食主義者ではないから、レシピを提供することはできない」

ママ「すべて楽しいことは、お腹にいいのですよ!」

大滝詠一「Happy Ending」

今年の〈ナイアガラ・デイ〉リリースは『Happy Ending』。
第3期ナイアガラの未発表音源なんてそんなにあるのかしら、と思っていたら、意外とあるようだ。

ただ、シングル2曲のアルバムバージョンは今回のためにリミックスしたんだろうし、〈全曲未発表〉っていう謳い文句はどうかと思う。
レコーディングデータ含めて、ライナーノーツに詳しい記載が無いのも不親切。
あくまでも新譜扱いしたいのか、『レココレ』を買えってことか。

内容は悪くない。
「Niagara Dreaming」はBB5風多重録音コーラスの小品ながら、どうして今まで未発表だったのか解らない。
「イスタンブール・マンボ」は肩慣らしセッションから?の楽しいカヴァー。
インストは新録なのか、それとも当時ドラマ用にレコーディングしたのか。『ラブジェネ』観てたわけじゃないので判りません。
(ライナーに書かないなら、せめてメーカーインフォにレコーディングデータぐらい載せてよ)

「幸せな結末」はマルチからボーカルだけ抜き出してストリングスを被せたもの。
ヘッドホンから漏れたオケが薄く聞こえる。
「Free As A Bird」じゃないけども、この曲を歌うために戻ってきてくれた、ような感慨が湧くと同時に不在を強く実感する、不思議なミックス。
なんだかんだ思い入れのある曲だから、色々と思い出す。

ボーナスディスクはジャケットがいい。こっちは岡田さんの仕事だろうか。

未発表音源、少なくともライトなファンに新譜としてアピール出来るほどのマテリアルはもう残ってない気がする。
タイトルもそういう意味と取った。
ライナーには早くも来年の『ロンバケ』40周年盤リリースの告知が封入されている。
流石にもういいよと言いたくなるが、『ロンバケ』がアナログで再発されるならこれが初なので少し楽しみにしてしまっている。

石川淳「普賢」

最初はとっつきにくさを覚えた〈饒舌体〉も、再読を繰り返すうちに気持ちよくなってきて、今では疲れたときに読みたい一篇になってしまった。
ロクに読んでもいないから解ったような口は利けないが、黄表紙とか洒落本を読めないなりに頑張って読んでいくとだんだん文章のリズムが見えてくる感覚、あの感覚に近い。

あまりにも言葉が言葉として自立して異物感を放ち始めるとそれはもう詩になってしまうが、かといってなんの歯応えもなくするすると胃の中に落ちていくような文章なぞ小説には求めていないわけで、HARIBOがもしヒモ状のグミを作ったらきっとこうなるだろう、絶妙な強度の文章をじっくり噛んで味わう散文の愉しみ、それを極北まで追い求めればおそらくこの小説に辿り着くに違いなく、その上このように文体は強い感染力を持つ。

夷齋先生の言葉を借りれば〈堕夫を起たしめる底の力〉に満ち満ちた作品なので、その一端がここに表れたのだろうか、何故ここまでポジティブなエネルギーを放つことが出来るのか、『普賢』こそ奇異に充ちた〈発明〉であった。

石川淳「普賢」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 石川淳 タグ

石川淳「夷齋座談」


夷齋先生の対談集。

作家同士、あるいは研究者を交えた対談を読むのは好きだ。
ものすごく深いことを言葉少なにキャッチボールしているのか、ただ酒席の内輪話をしているのか、活字になると言葉のニュアンスが変化するから、それを探りながら読むのがめんどくさくて愉しい。

安部公房、三島由紀夫、武田泰淳、花田清輝、中村真一郎、中野重治、大岡信、佐々木基一、ドナルド・キーン、吉岡幸次郎…
と、こんなメンツだから、話についていけるわけがない。
でもそれが愉しい。解らないなりに無理矢理頑張ってついていく。

宿題として残ったのは荻生徂徠と、天明狂歌、そしてアランの散文論。あと芥川と鏡花を再読すること。
とりあえず徂徠の入門に適当な本を探すところから。

永井荷風「つゆのあとさき」

荷風が好きとは言いながら、小説はあまり読んでいない。
散人の本領は随筆にあると思っているから、無理して小説を読むこともないが、買ったまま仕舞い込んでおくのも勿体無いと、要はそれだけの話。

『つゆのあとさき』。
岩波文庫版の表紙では清岡のことを浅薄な俗物扱いしている。
でもべつに彼だけが殊更に俗物というわけでもない。登場人物が皆、生臭く、ほどほどに利己的な、フツーの人間として描かれてるだけだ。
まあ、清岡が君江の貸間の押入に猫の死骸を入れて嫌がらせするのはやり過ぎだと思うが。なんかここだけ浮いちゃってるし。

どの人物も突き放して描いているなかで、清岡の老父や妻にはわりかし同情的な視線を感じられる。
老人に対する共感は『腕くらべ』にもあったし、荷風の老人趣味からすれば真っ当だが、清岡の妻・鶴子の描かれ方は、解説で中村真一郎が書いているように少し意外。
荷風にも、進歩的な女性というものへの期待が無くはなかった、ということなのか。

永井荷風「つゆのあとさき」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 永井荷風 タグ

佐々木倫子「ペパミント・スパイ 第1巻」

いまさらながら『Heaven?』を全巻買ったのに、届いたその日に『ペパミント・スパイ』を引っ張り出して読み始めてしまった。
なにがしたいんだろう。

動物の出番が少ないのがちと寂しいが、ドナルド君の活躍もやっぱり面白い。
〈王室恋愛編〉と〈王室結婚編〉は珍しく(?)恋愛譚。
例によって『ローマの休日』風味で、楽しくて切なくて良い。

それにしても改めて、繊細でいながらボケもかますペンタッチに惚れ惚れする。

The Who「Endless Wire」

『WHO』はそれなりに聴いていたのだけれど、あんまりガツンと来ないまま飽きてしまった。
冒頭3曲とボーナストラック以外、ツボに嵌る曲がない。


代わりにというか、『Endless Wire』をよく聴いてる。
いいアルバムだ。

はじめてリアルタイムで聴いたWhoのアルバムなのを差し引いても(そういう類の思い入れなら『Then & Now』のほうが上)、やっぱり名盤だと思う。
「A Man In A Purple Dress」、「It’s Not Enough」、「Endless Wire」、「Mirror Door」、「Tea & Theatre」あたりは明らかに70年代の曲に匹敵する。クラシックだ。

1曲1曲がコンパクトなのも飽きが来ない理由かもしれない。
「Fragments」から「You Stand By Me」までを本編(第1章)とすると30分ちょっと。
アルバムは各面18分で合計36分ぐらいがベスト、というのが体感を基にした持論なので、これはちょうどいい。
その後のミニオペラも20分ちょっと。

ただ惜しむらくは、当たり前だがLPを前提にした構成ではないので、LPで聴くと2枚目のA面とB面の切れ目が不自然なこと。
LP用に曲間を調整してほしかった。ボーナストラック2曲はアナログには不要だろう。

The Who「Endless Wire」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: The Who タグ

斉藤由貴「LOVE」


斉藤由貴ほど〈ファム・ファタール〉という言葉が似合う人も(昔の女優さんはともかく)いない。
不倫したいもん。

当然、松本隆経由で聴き始めた人だが、この人はご自分でもすごくいい詞を書く。かしぶち哲郎さんもどこかでそんなことを仰っていたような。
『LOVE』は全曲自身で作詞している。
これが凄い、可愛い、怖い。

冒頭の「いつか」「ホントのキモチ」あたりはまだアイドルっぽさもあるが、聴き進むほどに〈女〉が滲み出してくる。これが怖い。
気がつくといつの間にか般若に魅入られていたような感覚。

この人は愛に生きている人だな、と思う。

斉藤由貴「LOVE」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 邦楽 タグ ,