とにかく迎合する前に批判せよが、簡にして要を得た回答となる。

公房「そこで国家は、かつて辺境の「異端」と闘い、国境線を守り抜いたように、こんどは内なる辺境(移動社会)の「異端」にむかって、正統擁護の闘いを開始しなければならなくなった。非国民…排外主義者…秩序破壊者…外国の手先…アカ…全学連…等々。運よくそこに、生来の都市生活者であるユダヤ系市民でもいてくれれば、むろんさっそく、国益を無視する危険なユダ公ども…」

サイード「集団が信奉する公式見解をくりかえすだけなら、なんとたやすいことだろう」

散人「今の世を見るに、世人は飲食物を初めとして学術文芸に至るまで、各人個有の趣味と見解とを持っていることを認めない。十人十色の諺のあることは知っているらしいが、各自の趣味と見識とはその場合場合に臨んでは、忍んでこれを棄てべきものと思っているらしい」

夷斎「それにしても、ああ、益々御風流……いよいよ、きちがいじみて来た」

K「われわれの救いは死である。しかし〈この〉死ではない」

公房「絶望するのはまだ早い。都市の広場が暗ければ、国境の闇はさらに深いはずなのだ。越境者に必要なのは何も光ばかりとは限るまい」

アレント「最も暗い時代においてさえ、人は何かしら光明を期待する権利を持つこと、こうした光明は理論や概念からというよりはむしろ少数の人々がともす不確かでちらちらとゆれる、多くは弱い光から発すること…」

サイード「たとえほんとうに移民でなくとも、故国喪失者でなくとも、自分のことを移民であり故国喪失者であると考えることはできるし、数々の障壁にもめげることなく想像をはたらかせ探求することもできる。すべてを中心化する権威的体制から離れて周辺へとおもむくこともできる」

ブルトン「いとしい想像力よ、私がおまえのなかでなによりも愛しているのは、おまえが容赦しないということなのだ」

サイード「おそらく周辺では、これまで伝統的なものや心地よいものの境界を乗り越えて旅をしたことのない人間にはみえないものが、かならずやみえてくるはずである」

苦沙弥「個人主義は人を目標として向背を決する前に、まず理非を明らめて、去就を定めるのだから、或場合にはたった一人ぼっちになって、淋しい心持がするのです。それはそのはずです。槙雑木でも束になっていれば心丈夫ですから」

安吾「だが堕落者は常にそこからハミだして、ただ一人曠野を歩いて行くのである」

詩人「人のいやがるものこそ、僕の好物。とりわけ嫌ひは、気の揃ふといふことだ」

ツァラ「自由、自由。ぼくは菜食主義者ではないから、レシピを提供することはできない」

ママ「すべて楽しいことは、お腹にいいのですよ!」

広告

山口俊雄「石川淳『マルスの歌』論 -銃後総動員体制下の思想と自然-」

作品を読んだだけではわからないことはやっぱりある。それが当たり前。

やっぱり作品研究を読むのは面白いなと。(できることなら立教の旧図書館で読みたい)
帯子っていう名前は何か含むところがあると思ってたけどようやくそれが判ったり。

とりあえずアランの『裁かれた戦争』は注文した。

福田純「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」

『ゴジラ対ガイガン』を観た。
体調が悪いので、何も考えずに観られる映画をアタマが欲してるんだろう。

ライブフィルムたくさん。お腹いっぱい。
思いのほか退屈しないで観られたのは、いちおうは関沢新一脚本だからか。
いや、結局怪獣が出てくれば許しちゃうんだよな。

中野特撮はミニチュアに頼れないぶん、火薬とガソリンの量がすごい。
で、たまたまなのかガイガンもギドラも炎の照り返しが映える。かっこいいじゃないか。

聞き覚えのある曲が次々に流用されるデジャヴ感。
そうか、『ガイガン』は元祖『シン・ゴジラ』だったんだな。

石川淳「天馬賦」

「天馬賦」は大昔、人に薦められて途中まで読んだ。
そのときは人物の台詞回しの不自然さが嫌になって放り投げた。
若者風俗を取り込もうとして失敗してると思ってしまったからで、それが石川淳の文体だとは知らなかった。
(石川淳にしても、そういう失敗やズレがないとは思わないが)

で、十数年後の再読。
やっぱり学生の言葉に違和感はあるが、全共闘世代の学生は本当にあんな感じのナンセンスな言葉遣いだったことも今では知ってるし、そこは本筋じゃない。

『白頭吟』の主人公が老いたような大岳老人、つまりほとんど作者の分身といっていい人物が語る革命論に痺れる。
それを鼻で嗤う若い世代を描いてしまうのが石川淳の石川淳たる所以なのだろうが、たとえばここに描かれてるオギやイヅミ達の言動には虚しさしか感じない。

だから大岳が自分の目を刺すラストも、大岳の精神の激しさに打たれるのであって、その引き金になったイヅミ達に対しては特に感じるところもない。
イヅミ達に大岳ほど強靭な精神があるとも思えないから。

たぶん作品の魅力が一段落ちるのはそのせいだろう。
結局作品は、若さを無駄に持ち上げることに終わってる気がする。
イヅミ達がイヅミ達のまま老いていくならいいが、そうも思えない。ただそれは小説のせいではなくて、自分の経験から来る偏見だ。
どうせイヅミ達もどこかで就職し、「若かったからね」なんて飲み屋にたむろする汚ない老人に堕しているだろう。

大岳老人は目を刺すことなんかなかったのに。

Benny Golson「Just Jazz! – The Complete Triple Play Stereo Sessions」

ジャケ買い。

ジャケットのメンツが『ブルースの真実』並みに凄まじいわりに、全く聞いたこともないタイトルなのでなんだろうと思った。
ただの企画盤だった。いやこれはこれでイノック・ライトみたいで面白いけども。
ジャケもそんな感じ。


左にポップス、右にジャズ、ステレオで聴くとスウィング。
思い付いてもやらないだろ、ってのを本当に作っちゃうところがステレオ黎明期の楽しさ。

実際に聴いたところで大して面白くもないけど、こういうのは好き。
いっそアナログ盤で欲しい。でも探すほどじゃない。

アビー・ロードとエヴェレスト

寒くなるとアルピニズムの本が読みたくなる。布団にくるまって読む8000メートル峰の空気は最高だ。

『アビー・ロード』が、『エヴェレスト』になる可能性もあったのは有名な話。
ここにも深読みすると面白いビートルズならではの必然がある。

『アビー・ロード』は女王陛下、エリザベス2世を歌った「Her Majesty」で終わるが、そのエリザベス2世の戴冠式とほぼ同時にイギリスが成し遂げたのがエヴェレスト初登頂だった。1953年。

「わざわざアルバムのジャケットを撮りにエヴェレストまで行くのは面倒臭い。そこの道で撮ればいい」

その通りだ。16年前とは違って、世界の頂上はそこだったのだから。

だいたい本当にエヴェレストなんか行ったら誰か死んでるって。

石川淳「虎の國」

「虎の國」を読む。


境界の向こう側に地上の論理が通用しない社会がある「紫苑物語」「八幡縁起」の一連の変奏に含まれる作品。

読みやすいというか解りやすいというか。
「紫苑物語」より、民間伝承に通じるような俗っぽさが強い。
後味もさっぱりしていて佳し。

ムーミン刺繍ブローチ

ムーミンカフェとショップ限定のムーミン刺繍ブローチ。
会社帰りに寄れるのでついつい買ってしまう。
とにかく可愛い。


ミイとソフス。ムーミンの隣にいないソフスもいい。


やっと出たスナフキンと、悩むムーミン。自分の天涯孤独な身の上を嘆いているところ?

クラフト紙っぽいパッケージも可愛い。
1個600円、全12種類でブラインドなのはなかなか手強いが、この可愛さには負ける。
売り切れる前に絶対コンプリートしたい。