Jungle Smile「夏色シネマ」

もう8月も終りなので、いま書いておかねば、と。
やっぱり夏になると聴きたくなるアルバムというのはあって、自分の場合はこれに尽きる。

Jungle Smile「夏色シネマ」(1999)

Jungle Smile(以下ジャンスマ)について書きたいことはたくさんある。あり過ぎるほどある。
とにかくこのグループは不当に過小評価され過ぎじゃないかという気持ちが常にある。
その最たるものがこのミニアルバムで、これはもう紛れもなく名盤である。
ジャンスマのアルバムのなかではフルアルバムを差し置いて一番完成度が高いと思う。

99年、一時活動休止する前の作品で、もともとシングルを制作する予定で進行していたものが、ゐさお氏がふと気づいたイクノフの掠れる鼻唄の素晴らしさを生かすため、初のコンセプト・ミニアルバムの制作へと方針転換された…と、かつてゐさお氏のHPで読んだ気がする。間違ってたらすみません。

とにかくエレクトロニカ/アコースティックな音が素晴らしい。ゐさお氏のサウンドプロダクションは、たまにイクノフのヴォーカルと分離して主張しすぎることがあるように思うが、このアルバムにはそれがまったくない。
風鈴の音や川のせせらぎとあいまって、ひたすら心地好い40分。またこのランニングタイムも絶妙。

新曲はラストの「夏の情景」のみ。他の曲は再録だが、個人的にはどの曲もここに収められているバージョンのほうが好き。ミニマルなシークエンスにイクノフの声が重なると、切なくてどうしようもなくなる。まさに「おなじ星」みたいに、「胸がギュンてなる」のだ。

音だけならずアートワークも秀逸で、プラケの透明感を生かしたジャケに、ポラロイドを模した歌詞カードが付く。この写真が一枚一枚すごくいい。
ここにupしたのは中止になったツアーのパンフレットからで、CDに使われなかった良い写真がいっぱいある。

ジャンスマがろくに評価されなかったことはどう考えてもおかしい。
でも、2002年の活動休止以降も、FMにリクエストされたり、CSの番組でBGMとして使われているのを何回も耳にした。良いものを良いと言い続けている人がいるんだろう。

そうでなければおかしい。もちろん自分も言い続けていくつもりである。

Jungle Smile「夏色シネマ」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: Jungle Smile タグ

森鴎外「青年」「妄想」

森鴎外「青年」
何冊かと並行して読んでたのでえらく時間がかかってしまった。ただ、一気に読みたくなる磁力に欠けるのも事実。先入観からか、どうしても「三四郎」と較べてしまう。「三四郎」が色彩豊かなのに対してこちらは白黒というか、なんか地味な感じ。鴎外は女性を書くのが苦手なのかもしれないと、ちょっと思ったり。
「妄想」も、特に感想なし。読んだ記録として書いとこう。

ところで上の新潮版ではなく旺文社文庫版で読んだのだが、このシリーズは文庫なのに函入り&紙質が好みなので好き。

森鴎外「青年」「妄想」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 文学 タグ

今日の収穫

Hoodoo Gurus「Stoneage Romeos」
背抜け底抜け盤質Cだが、ジャケだけあればいいので購入。「恐竜百万年」のアロサウルスがいかす。原色最高。

今日の収穫 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: Rock タグ

ロベール・ド・ラ・クロワ「海洋奇譚集」

ロベール・ド・ラ・クロワ「海洋奇譚集」
海にまつわる怖い話というのは好きなのでわりと期待して読んだ。が、オカルト系の話よりも海難事故から奇跡的に生還した人々の話がメインでちょっと物足りない。
エラン・モー灯台の話、延々と航跡をついてくる首の話あたりは薄気味悪くて良い。まあ「奇譚」ではあるものの、「奇怪」の奇というより「奇蹟」の奇だ。
訳者によると抄訳らしい。多少値段張っても全訳で出して欲しかった。

ロベール・ド・ラ・クロワ「海洋奇譚集」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 怪談 タグ

安部公房「第四間氷期」

安部公房『第四間氷期』。
夏になると読みたくなる本というのがあって、これがまさにそんな作品。
個人的に一番好きな安部文学。どうにも過小評価されてる感じだが、これはとんでもない傑作。

推理小説を思わせる導入から徐々に非日常が日常に侵蝕してくる。実際には冒頭からすでに、予言機械が存在する世界という非日常を描いているのだが、あまりにリアルなため全く違和感が無い。皮膚感覚(生活感覚)に根ざした描写は公房の真骨頂である。「箱男」の箱の作り方、『密会』の代書屋、『方舟さくら丸』のささかま等々…。
ディティールの積み重ねによって気づかれないうちに別の位相に読者を運ぶテクニック。また読者の側にも騙される快感がある。
徐々に侵蝕しだした非日常を支えるのもやはり細かいディティールであり、深夜、水棲人間育成場のある晴海埠頭方面に向かうくだりは何度読んでもゾクゾクする。これぞSF。

本作について論じられる際は、どうしても、〈未来と現在の対立〉という論点で、『榎本武揚』あたりと比較されることが多いように思う。まあ、それが主題だから当然のことではあるけれども、それにしても「ブループリント」についてもっと触れられてもいいんじゃないか。
「ブループリント」に登場する水棲人間の少年には、他の安部作品の主人公たちの血が流れている。偶然知ってしまった空気が皮膚に触れる感覚を求めて、少年は陸地という名の荒野をめざすのだ。

安部公房「第四間氷期」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 安部公房 タグ

夏目漱石「草枕」

kusamakura

愛しの『草枕』。
たぶん3回目ぐらい。憂鬱なときに読みたくなる。読むと結構救われる。
説明不要の冒頭だけでもこの作品には価値がある。こんな風に非人情に生きてみたいもんだ。
筋らしい筋のない、小説を否定した小説。考えようによっては凄まじく破壊的である。本流から距離を置く漱石の姿勢がカッコイイ。

夏目漱石「草枕」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 夏目漱石 タグ

「DVD 怪奇大作戦」

kaikidvd6

『怪奇大作戦』は円谷プロ作品で一番好きだ。いつ観てもひたすら圧倒される。
初期の円谷作品はどれも傑作揃いだが、「怪奇」はその終着点にして最高峰だ。実相寺監督曰く「ウルトラシリーズの間に咲いた徒花」(若干違うかもしれない)、まさにその通りだと思う。
作り手の熱気が充満している。ただ「面白いものを作ろう」という熱気。もはや執念に近い。尋常じゃない熱だ。作り手の空気は間違いなくフィルムに反映する。黒澤なんか最もたるものだろう。今のTV、映画には殆どみられない、プロとしての志の高さ。面白くないはずがない!

『怪奇』のDVDは、最初LDと同じビームから出るという説が根強かった(ように思う)。ということは『ウルトラ』並みのリマスターは望めないわけで、少々残念に思いながらとりあえずリリースさえされれば…と思っていた。
そこにあっさり、「デジタルウルトラ」レーベルから発売が発表されたので、とにかく狂喜して発売を待ち望んだ。
…待ち望んだのだが、当時高校生だった自分には財政的に結構キツいものがあった。結局vol.3までは買ったものの、vol.4以降は「そのうち買えばいいや」と見送ってしまった。LDと違って、そう簡単に廃盤にはならないと思ったのだ。「狂鬼人間」はしっかり未収録だし。
ところが、なぜだか知らないがデジタルウルトラ関連では『怪奇』だけが廉価版もボックス版も発売されず廃盤になってしまった。vol.6に至ってはかなりのプレミアが付いてやがる。後悔した。とりあえずvol.4と5は押さえようと思ったが、これも結構高くなっている。それなりの値段を払った途端に廉価版が出たりしたらヤだしなあ…と、8年経ってもグジグジ悩んでいたのだが、アマのマケプレに1000円以下で出品されているのを発見、即購入。

…やっぱり素晴らしい。ひたすら素晴らしい。これが廃盤なんておかしいよ。『Q』のカラーライズもいいけど、『怪奇大作戦』のブルーレイ化を熱望する次第です。