ドストエフスキー「地下室の手記」

めちゃくちゃ面白かったのであっという間に読了。
今まで読まなかったことが悔しい。17〜20歳ぐらいの時期に読んでたら結構救われたかもしれないのに。

まず第一に、ぼくがいつも、周囲のだれよりも賢いのがいけない、ということになる。
(ぼくはいつも、自分は周囲のだれよりも賢いと考えてきた。そして、ときには、真に受けていただけるかどうか知らないが、それをうしろめたくさえ感じたものだ。少なくともぼくは、生涯、いつもどこかそっぽのほうを見ていて、人々の目をまともに見られたことがない)。

文化庁工芸技術記録映画特集@フィルムセンター

京橋のフィルムセンターにて、工芸技術記録映画の特集上映を観てきた。
記録映画やドキュメンタリーは好きだが、半分は時間つぶし目的。

行ってみたところ、150席ぐらいある小ホールにお客さん7〜8人。
後ろでじいさんが近くに座ってるおじさんに話しかけている。成瀬や小津を観に来たじいさんなら話しかけられたこともあるし、適当に話を合わせられるのだが、工芸技術記録映画なんてものが毎年作られてることも今日知ったばかりなのに、万一話しかけられでもしたら終わりなので、気配を消して上映を待つ。

今日の上映は「銅鑼 -三代魚住為楽のわざ-」(2005)と「桐塑人形 -林駒夫のわざ-」(2006)の二本。

銅鑼も面白かったけど、桐塑人形のほうが造形的に惹かれるものがあった。
まったく下絵を描かずにいきなり彫り始める。林さん曰く「頭の中に完璧に立体像があるので」とのことだが、まさに漱石「夢十夜」の運慶と快慶みたいで圧巻だった。彩色も色を塗るのではなく、いろんな種類の和紙を細かくちぎって一枚一枚貼っていく。できあがりは本当に息を飲むぐらい美しい。間近で実物を見てみたい、とはいっても日本人形の顔はやっぱりどこか怖い。
もっと観たいけど、日曜でこの入りだと金曜日の回とかどんな感じなんだろう…。

大竹誠「アーバン・テクスチュア」

自分が作るものや作りたいもの、あるいは単に好きな作品なんかを考えたときに、どうも「都市」という空間は重要な要素らしい。そんなことを考えていた矢先に見つけて注文しておいた本が届いた。
大竹誠「アーバン・テクスチュア」

著者が”シティ”ボーイズと同姓同名なのもある意味本の内容にマッチしている。してないけど。
そんなことはどうでもいいとして、パラパラめくったところ魅力的な都市の断片が詰まっていて面白そう。
断片の集積、永久に未完成な総体、それが都市空間だ。

11月のF全集

藤子・F・不二雄大全集、今月の配本は「ドラえもん」16巻、「T.P.ぼん」2巻、そして「ベラボー」。



「ベラボー」はFFランドの巻末で3本ぐらい読んだら面白くて、もっと読みたかったのだが、それだけのためにFFランドを集めるわけにもいかず諦めていた。
なので今回一冊にまとめられてすごく嬉しい。これこそ全集の醍醐味だ。

Dr.Feelgood「Down By The Jetty」 / Pete Townshend「Empty Glass」

Dr.Feelgood「Down By The Jetty」のUKオリジナル盤。結構なお値段だったのだが、再発盤もあまり見かけないし、なによりこの大名盤をオリジナルで持ってないのはダメなので思い切って購入。
どっしりした作り、印刷の色合いからコーティングまで、英国の香りプンプン。

音も文句なし。ステレオと二枚組のリマスターも良かったけど、アナログには敵わない。

もう一枚、ピートの「EMPTY GLASS」のUKオリジナル。

これもあまり見かけないし、確か持っていたのはドイツ盤のはず…と思って帰ったら、ドイツ盤の横にUK盤もすでに持ってた。なので2枚目のUK盤。このへんのUK盤は特別作りが凝ってるわけでもないのでちょっとイタい。
そこまでたくさん買ってるわけでもないのにこのザマである。千枚単位でレコ持ってる人はすでに持ってるブツと持ってないブツを把握できてるのかなぁ。

Pete Townshend「The Quadrophenia Demos」

ボックスからのデモを6曲収録したレコードストアデイ限定の10インチ。音はボックスで聴けるのでシールドのままとっとこうかなあ。
イールパイのテープボックスを模した裏ジャケがストーンズの「サタニック・マジェスティーズ」風というか、ちょっとサイケな感じで面白い。

「Sea And Sand」「Drowned」が収録されるだろう第2弾が待ち遠しい。
RSD限定盤、今回は結構欲しいものが多い。…というか、ジョンの「Imagine」RSD箱と並べるためにジョージの「All Things Must Pass」RSD盤がいまさら欲しくなって困っている。

Pete Townshend「The Quadrophenia Demos」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: The Who タグ , ,

家元逝去

ちょっと前にYouTubeで立川談志と上岡龍太郎の対談を観た。たぶん上岡さんの引退する直前。
上岡さん曰く「死ぬのは怖くない。僕の好きな人はみんなあっちにいるから。談志と米朝以外ね」
「死ぬのが怖くないってのはいい言葉だね」と聞いていた家元もあっちに行ってしまった。ますます「こっち」がつまらなく思える。
せっかく落語を聴きはじめた矢先なので残念。「ゆめの寄席」シリーズは自分のような演芸初心者にとっていい入門書だ。
ご冥福をお祈り致します。