「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」「男はつらいよ ぼくの伯父さん」@銀座シネパトス

行こう行こうと思っていた銀座シネパトスの「新春みんなの寅さんまつり」にようやく行った。
ロビーの展示もすごく力が入っていて楽しい。
上映作品はシリーズ後期の2本。

no42

「ぼくの伯父さん」は満男シリーズの第1作。正直あんまり期待しないで観たけど、寅さんがかっこいい。それまでの、例えば第17作でぼたんのために一肌脱ごうとするような男気とは全く違う、満男の人生の先輩としてのかっこ良さ。その分柴又の皆さんとのケンカとかは少なくてあっさりしたものだが、これは渥美さんの体調とかも考えると仕方ないんだろう。
ただ満男と泉の描写はなんというか、無理してるなぁという感じ。90年代初頭の20代ってあんな感じだったのかというとそれも違う気がするし。徳永英明の挿入歌も成功してるとは言いがたい気が…。
伯父がカッコ良すぎるぶん、甥も必要以上にかっこ悪く見える。優柔不断さにイラッとくる瞬間も何度かあったが、これは満男シリーズの中ではマシなほうだそうな。
マドンナの檀ふみさんも綺麗だし素敵なのだが、倍賞千恵子さんの演技の方が印象に残る。本作の主人公は間違いなくさくらさんである。息子からすればウザイことこの上なかったりする母親ぶりが本当に上手い。
ただ個人的に一番嬉しかったのは戸川純ちゃんが出てたこと。短い出番だが、純ちゃん可愛い。

no49

もう一本は「ハイビスカスの花 特別篇」。番外編みたいなもんだしこれもあまり期待はせずに、まぁ映像が綺麗になってればいいやぐらいの気持ちで観た。
満男の独白で始まる構成から、本作も満男シリーズの一本なのが分かる。駅のホームに寅さんがいる合成は色調が合ってないけどご愛嬌。
冒頭に「忘れな草」「相合傘」のシーンも追加されてるのでちょっとお得感がある。夢のシーンが満男のシークエンスと差し替えられた以外はほとんどオリジナル通り。オリジナルはもちろん好きだけど、他のリリー編2本と較べるとシリアスさが増してるので愛着は少し落ちる。病院で再会するシーンとかは大好きなんだけど。
ラストにも若干追加場面があり、満男の独白はさらに続編を作れるようなものになっている。松竹の意向か監督の意向か知らないけど、もう寅さんは休ませてあげなよと思ってしまった。

「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」「男はつらいよ ぼくの伯父さん」@銀座シネパトス はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 邦画 タグ ,

永井荷風「銀座」

kafuzuihitsu1

『荷風随筆集(上)』には都市生活者としての荷風の真骨頂とも言える作品が多く収められている。これもそんな小品で、荷風の観察眼が冴えている。
そして一際印象深いのがいかにも荷風らしい次の文章。

新橋の待合所にぼんやり腰をかけて、急しそうな下駄の響と鋭い汽笛の声を聞いていると、いながらにして旅に出たような、自由な淋しい好い心持がする。

〈自由な淋しい好い心持〉。荷風を読むのはこの〈自由な淋しい好い心持〉を味わいたいがためだ。今度は駅のベンチに座って時間を無駄にしながら読んでみよう。

自分は動いている生活の物音の中に、淋しい心持を漂わせるため、停車場の待合室に腰をかける機会の多い事を望んでいる。何のために茲に来るのかと駅夫に訊問された時の用意にと自分は見送りの入場券か品川行の切符を無益に買い込む事を辞さないのである。

永井荷風「銀座」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 永井荷風 タグ

島田雅彦「ドンナ・アンナ」

donna

島田雅彦の短篇集『ドンナ・アンナ』読了。
冒頭に収録されている「観光客」は、主人公が軽度の記憶喪失になるところから始まるが、自分が何者かわからなくなってもそれはそれで構うことなく、異邦人としての自分を楽しんでしまう。その態度は安部公房の小説の主人公に通ずる無邪気さを持っている。

natsu

この小説を読む直前に、山川方夫の短篇「お守り」を読んでいた。この小説も画一化された団地に押し込められたサラリーマンの自我への不安を描いたものだが、「観光客」とは主人公が対極にある。こちらでは主人公のサラリーマンは自分が唯一存在であることを確かめる為に悪戦苦闘し、果てはダイナマイトをお守りとして持ち歩くようになる。
これはこれでよく出来たショートショートだと思うのだが、どこか教科書的な匂いが鼻につく。毒はあるけど安全な毒というか。律儀な島田の毒には敵わない。

「聖アカヒト伝」は作者曰くゲームブックみたいに読んで欲しいらしい。幼児的な暴力描写、性描写が結構フェティッシュな感触。パイ投げとかメッシーフェチの人にはツボにはまる作品かもしれない。
内容としてはキナ臭い最近の情勢と妙にマッチしてて不気味だった。

「ある解剖学者の話」。養老孟司の話を基に創造した解剖学者像らしい。難しいこと抜きで面白い作品だった。

表題作「ドンナ・アンナ」も官能的な作品。クラシックの知識がないので深く読めないのが悔しいが、アンナみたいな女性のヒモになりたい願望が一層強くなった。徹底してダメ人間になりたい。

成瀬巳喜男「めし」@早稲田松竹

あけましておめでとうございます。
元日は映画初めということで早稲田松竹で成瀬巳喜男『めし』を鑑賞。

meshi

べつに予想外の展開などあるわけもなく、あたり前の日常描写に終始する成瀬映画なのだが、冒頭とエンディングのナレーションがちょっとうるさく感じたり。
たまーに思ってしまうのだが、こういったいわゆる小説を基にした〈文芸映画〉って映画として作る意味あるのかな…。俳優の芝居を楽しめるから良いんだけど、ナレーションなんか入れられると映画ならではの表現にストップがかかっているような気になってしまう。端っから映像で見せる気ないじゃんっていう…。

気分的に不調だったのもあってそんなことを考えながら観てしまった。倦怠期の夫婦を扱った成瀬映画なら『驟雨』のほうが圧倒的に好きだ。
でも映画館を出たらスクリーンの中の時間の流れがたちまち懐かしくなるから不思議。やっぱり成瀬は良い。中北千枝子と小林桂樹が出てるだけで得した気分になれるよ。あと田中春男。好きな俳優さんなので出番が少なかったのが残念。さすがいい味出してたけど。

もう一本の『稲妻』は以前観たしあまり好きではなかったので今回はパス。ただ『めし』にしても『稲妻』にしてもバスの車窓を流れる当時の東京や大阪が一級の風俗資料になってしまっている。前者はまだ終戦後間もないから東京なんかほとんど原っぱだし。