司馬遼太郎「歴史と視点」

司馬遼太郎の作品はろくに読んだことがないので、このエッセイ集が初めて。

rekishi

まだ前半部しか読んでいないが、日本軍のいびつな戦車を通して日中〜太平洋戦争下の軍部の組織としての問題点、さらには日本人の民族性まで考察していて面白い。 軽妙ともいえる文体で大戦の無謀さ、滑稽さを指摘していく。とても小気味がいい。
そんな中にサラッと次の文章がある。サラッと紛れ込んでいるだけに、読後の暗澹とした気持ちが尾を引く。

ただ国力がなかった。国力がないのは現実だから悔むに足りないが、国力がないということを冷静に認識して物事を考えるという自己認識の精神が昭和前期の日本になかったことが奇妙なのである。政治とイデオロギーとマスコミだけが過熱していた。

日本人がときどき国をあげて跳ねっかえったり、あるいは外電を読んで突如ゲリラになったり、かとおもえば他国に迷惑をかけたことを、ある種の教徒が集団的に霊感に打たれたがごとく、黙祷命令のもとにしずしずと民族総ザンゲの頭を垂れたりするあの無気味さは、すべていまもむかしも変らないような気がする。戦車のことも、右のようなことどもも、すべてこの国が地球の繁華な場所からずいぶん遠くはみ出た波の上にあるせいだろうか。

この国はやっぱり何も変わっていないんだなぁと思う。変わってないどころか、滑稽で無謀極まりない戦争へと突き進んでいった時代に戻っていってる気がする。

司馬が別章で指摘してる通り、そもそもこの国は地理的に戦争なんか出来ない国なんだと思う。それは原発も然り。
政治もイデオロギーも関係ない、単なる地理的な事情。この当たり前すぎる事実を当たり前に指摘することが難しくなっているのが3.11後の現在なのだ。