Ringo Starr and His All Starr Band@NHKホール

直前になってリンゴの来日を知ったので、慌ててチケットを取った。
前回の来日はチケットを取ったのに行けなかったので、今回は絶対行こうと。
なんたってリンゴも76歳。嫌なことは考えたくないし長生きしてほしいけど…ね。

ringoallstarrband

今のオールスターバンドで知ってるのはグレッグ・ローリーとトッド・ラングレンぐらい。
2人とも熱心に聴いてるわけじゃないし、他のメンバーに至っては申し訳ないけど誰?って感じだが、リンゴさえいてくれればそれでいい。

リンゴは有名曲を一通りやってくれた感じ。「Yellow Submarine」を合唱するのは理屈抜きで楽しい。
ただ、今でもいいアルバムを作ってるんだし、もっと最近の曲を演ればいいのにとも思う。そうすれば懐メロショーっぽさもずっと薄れるだろうし。
まぁ、ビートルズの曲はスタンダードだから懐メロ感はゼロだけど、他のメンバーのレパートリーからはそんな匂いも感じられてしまったので、そこが寂しいなぁと思った。

allstarrstage

そんななかで、贔屓目かもしれないがグレッグだけはちょっと違った。
「Evil Ways」「Oye Como Va」「Black Magic Woman」の3曲は、モーダルに広がっていく展開がバンドの息の合い具合をモロに示してくれて、すごく楽しかった。
(それでも演奏が終わると客席からは「リンゴォー!」って声が飛ぶのでなんだかなぁと思いつつ)

きっかり2時間。アンコールなし、途中で休むことはある。ただそれを差し引いてもポールに劣らずリンゴも元気だった。
まだまだ長生きしてくれそう。
最後にチョロっと「Give Peace A Chance」を演ってくれたのが嬉しかった。

池谷仙克さんの訃報

池谷仙克さんが亡くなっていたことをたった今知りました。

メイキングやインタビューでの穏やかな語り口、そんな口調とは対照的な創作家としての反骨心や気概が、スマートでカッコ良くて、手掛けられたお仕事と同じくらい魅力的でした。

『宇宙船』誌の小林晋一郎氏の連載で、「怪獣や宇宙人は滅ぼされることが定められているから、僕が描いた怪獣や宇宙人には瞳がないんです」と話されていたのが今でも印象的です。

ご冥福をお祈り致します。お疲れ様でした。ありがとうございました。

クロード・ルルーシュ「ランデブー」@恵比寿ガーデンシネマ

なんといっても『男と女』だから、そのうち他の劇場にも来るだろうに、わざわざ小洒落た感じが気に食わない映画館まで出掛けたのは、『ランデブー』を他の劇場でも観られるか少し不安だったから。

rendezvous
公開時のポスターはカッコ悪い。

8分ぐらい車載カメラの主観映像が続くだけだが、これが凄まじくカッコイイ。
車のことは全然知らないが、それでもエンジン音にやられてしまうし、駆け抜けるのが早朝のパリだから堪らない。
荒っぽい(?)ルルーシュ自身の運転がいかにもヨーロッパ。
この人は男女関係なんかどうでもよくてクルマだけ撮ってれば幸せなんじゃないだろうか。

映画が始まって1秒で心臓を射抜かれた感じ。これ1本に1800円払っても構わない。

クロード・ルルーシュ「男と女 製作50周年記念デジタルリマスター版」@恵比寿ガーデンシネマ

『男と女』がデジタルリマスターされたんだから観るしかない。

hommeetfemme

鮮明になった曇り空が、この季節のパリの寒さをリアルに思い出させてくれる。
ドーヴィルの夕焼け、曇天の海も綺麗だ。丁寧にレストアされてると思う。

でもこの映画にはフィルム傷も褪色もよく似合う。本当に嘘みたいによく似合う。
なので、身も蓋もないけどリマスター版でも古いプリントでも個人的にはそんなに変わらない。
ただ、場面によって使い分けられたカラー、モノクロ、セピアトーンのメリハリがより際立つ点ではやっぱりリマスター版のほうが優れてるかもしれない。

リマスター効果が嬉しいのは音のほうで、車のエンジン音の迫力が凄い。
ダバダバとエンジン音と雨と海…。完璧な音響設計。映像なしで体験したいぐらい。

それにしてもアヌーク・エーメが綺麗すぎて可愛すぎて。
正直な話、海外の俳優さんは演技が上手いかどうかもよくわからないし、ひどいときは見分けが付かなかったりするから好き嫌いなんか言えないが、アヌーク・エーメだけは本当に大好きだ。
どうしてあんなに魅力的なんだろう…。

肝付兼太さんの訃報

突然の肝付兼太さんの訃報。悲しい。

自分ぐらいの歳だと、〈藤子アニメ=肝付さんの声〉と言ってもいいぐらい、いろんなキャラクターが思い浮かぶ。

それでもやっぱりスネ夫。『宇宙小戦争』のスネ夫。

sneo go! 3

スネ夫みたいに8ミリで特撮映画を作りたくて作りたくて。
全力で創意工夫して遊ぶことの面白さを教えてくれたのは、この映画のスネ夫だった。
ありがとうをいくら言っても言い足りない。

suneo

いつの間にかスネ夫達を追い越して大人になっていた。
あっという間だったし、あっという間に死ぬんだろう。
それでも彼らは、ずっと少年期の彼らのままだ。

ending

肝付さん、本当にありがとうございました。

佐木隆三「深川通り魔殺人事件」

電波系の始祖、川俣軍司。
リアルタイムかどうかは関係なく、逮捕時の写真を見たら脳ミソにひっついて一生とれなくなる、悪い意味で印象的な事件。

fukagawa

求刑も判決も無期懲役で、死刑じゃないのは心身耗弱状態での犯行だったから。でも原因はシャブ。
…なんかおかしくないかい。病気ならともかく、シャブ中だったことが減刑の理由って。

判決でも情状の余地無しって言われてるし、実質的には終身刑だろうけど、なんか釈然としない。
無理とは解ってても、求刑するだけ死刑求刑しておくべきだったんじゃないの。

ただ、軍司に接触した人はみんな、「可哀想なやつ」って印象を抱いてて、それはなんとなく解る気もする。
コンプレックスをこじらせた負のオーラが出てたんだろうな。

イジー・メンツェル「厳重に監視された列車」@新文芸坐

映画は好きでも知識はない。だから映画館に行くか行かないかはチラシがピンと来たかどうかで決める。
(クチコミとか探すのはなんかシャク)
今回の新文芸坐シネマテークは〈チェコ・ヌーベルヴァーグ〉。〈チェコ〉と〈ヌーベルヴァーグ〉。だから観るしかない。

trains

イジー・メンツェルの『厳重に監視された列車』。
シリアスなのかと思ったら徹頭徹尾コメディ。ナチスや体制への批判精神を鮮やかに昇華したユーモア、このスカッとする感覚(感覚という言葉が本当によく似合う)は全然古くなってない。

先入観かもしれないが、チェコの映画(に限らず文学も音楽も)が持つユーモアセンスは本当にカッコイイ。子供っぽいのにどこか醒めてて余裕があるような不敵さ。
この映画だと駅員のフビチカがまさにそんな人物。
さらにはチェコ映画だから当然(?)、女優さんも綺麗。

思春期男子の憧れそのもの、年上の綺麗なお姉さんに教えてもらうシーン、活劇のカタルシスに満ちたラストと続いて、いかにもヌーベルヴァーグらしい主人公の唐突な爆死へ。

構えて観る必要はなかった。超一級の娯楽映画じゃないか。
楽しかった。エロかった。素晴らしかった。

そういえば、主人公ミロシュの童貞っぷりが見事な一級の童貞映画でもある。
みうらさん、DTの古典として再評価する必要がありますよ。

shin
岸田森オールナイト。絶対『曼陀羅』で寝ちゃうが、これは行きたいなー。