最後のジャニス

ジャニス本店の最終営業日。
やっぱり来てしまった。


いい天気。


↑整理券。


棚はさすがにスカスカだった。それでもこの豊作ぶり。


『直島ミュージックスタジオ作品集』が300円で買えるとは思わなんだ。

もう返却日を気にする必要もないので、ゆっくりちょっとずつ聴こうと思う。

ありがとう、ジャニス。
13年間お世話になりました。
たまにジャニス2を覗くからね。

ジャニス本店の閉店

正直なことを言うと、去年、本店が元ジャニス2の場所に移転したとき、その縮小された店舗を見て、「あとどれくらいもつかな」と思った。

金券バックやら宅配返却やら、サービスが充実しすぎてて、「これでやっていけるのか?」と不安に思ったことはそれまでにも何度かあった。
でも、あれだけ豊富な商品があれば簡単には潰れないだろうと思ってた。

それが、移転を機に商品数が激減(少なくとも自分にはそう思えた)。
「ちょっとマズくないか…」と不安な気持ちになった。
で、悪い予感は的中してしまい、今年の11月いっぱいで本店が閉店。
2号店は営業を続けるそうだが、寂しい。
ただでさえ神保町界隈はお店の移り変わりが激しいのに。


(↑これは9F時代の写真。宅録で作ったアルバムも置いてもらいました)

恥を晒すようだが、(1度目の)大学受験の際、水道橋にある某大学を選んだのは、「ジャニスに近いから」だった。
なにがきっかけでお店のことを知ったのかはもう覚えてないが、とにかく高校の頃から、尋常じゃない在庫数を揃えた上にレア盤も普通にレンタルしているというジャニスは憧れだった。
だから、大学に入学してからは、それこそ30枚40枚単位で借りに借りまくった。
(その頃は今の神保町シアターの向かいあたりに3号店もあったなぁ)

いまのiTunesの中身は半分以上ジャニスで借りたCDだと思う。
たぶん、自分の耳を半分ぐらい作ってくれたのはジャニスだと思う。

10月いっぱいの最後のレンタル期間には行けなかったので、せめてものお礼のつもりで閉店セールに行ってきた。
最初は正月レンタルのノリで、未聴のエレクトロニカやアンビエントを買いまくるつもりだったが、それこそキリがなくなってしまうので、〈ジャニスで借りてハマったアルバム〉に絞ってみた。


結果的にベタなものばかり買ってしまったが、ブルース・ハークやフェランテ&タイシャーが「ベタ」で済んでしまうところがジャニスの凄さだろう。


思い切って『風街図鑑』も買った。中古品は巷に溢れてても、ジャニスのシールが貼られたブツはこの世に一つしかない。



棚を思い出すのに必要だから、コーナーのシールは剥がさない。これ込みで価値がある。

とにかくありがとう、ジャニス。
…でもまだ買い足りない。あと2回ぐらいは覗いてしまいそうな予感。