氏家幹人「大江戸死体考 人斬り浅右衛門の時代」

タイトルに偽りあり、とは言わないまでも、本文の7割ぐらいは副題の〈人斬り浅右衛門〉、つまり据物師山田浅右衛門についての本。
なので、江戸の人々の死生観なんかについては導入として触れられている程度で突っ込んだ記述はない。
そこは期待外れだったが、歴代の浅右衛門をめぐる考察は結構面白かった。ほとんど知らない人だったので。

著者の語り口が軽すぎて、かえって悪趣味さを醸し出してるのもご愛嬌。

氏家幹人「大江戸死体考 人斬り浅右衛門の時代」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: エッセイ, 殺人 タグ ,

魔夜峰央「パタリロ! 100」

90巻あたりから買ってなかったんだけど、一応100巻達成の御祝儀ということで今更買ってみた。
そうしたら予想外のアスタロト編が途中から収録されてたので遡って98、99巻も購入。

当然、以前(22、23巻)のような絵柄の美麗さはないけど、腐ってもアスタロト編なので割と面白い。
プロットも何もない惰性マンガを読まされると思ってたので嬉しかった。
もう少し祝祭感を出して欲しかったところだが、描こうと思えばまだまだ描けるんじゃん、ミーちゃん。

DVD「逮捕しちゃうぞ Vol.4」

FILE.22「二階堂頼子の休日」
シリーズ構成をするとなると『ローマの休日』はどうしてもやりたくなっちゃうんだろうな。

FILE.23「ヴァージンロードに花が咲く」
瀬奈さんの機転が素敵。彼女の家族が1人も顔を見せないのが気になるところではあるけど。

FILE.24「葵ちゃんは白い薔薇」
葵ちゃん主体のエピソード。可もなく不可もなく。

FILE.25「ストライク男走る走る」
特になし。

FILE.26「赤いドレスに危険なナイフ」
原作と違って葵ちゃんを最初の囮にしたのが勝因。
葵ちゃんの機転でくっつく2人が微笑ましい。

FILE.27「教習所レッスンABC」
特になし。