鈴木光司「バースデイ」

『ループ』の消化不良から手を出してしまった。


ちゃんと番外編を謳っているから腹も立たないけど、収録されてる三作はどれも蛇足だったなと。

「空に浮かぶ棺」は『らせん』のなかでも特に秀逸なイメージだった高野舞の死を題材にした一篇。
でもあれは彼女が死んでいく過程も貞子の誕生もはっきり描かなかったからこそ、想像力を掻き立ててくれたわけで、わざわざ種明かしをするような短篇を書かなくてもいいのにと思った。

「レモンハート」は本当にどうでもいい作品だった。特に感想もなし。

「ハッピー・バースデイ」は、本当のシリーズ完結編。(『エス』『タイド』を読んでないので違うかもしれないが)
礼子は好きなキャラクターではあるのだが(少し年上の未亡人の魅力)、本作を書いた意図がよく解らなかった。
グダグダではあっても『ループ』できちんと完結してるじゃん。

あとは好みの問題だろうが、作者が描く家族像がイマイチ鬱陶しくて好きになれない。
歳を取れば変わるのかもしれないが、何回も読む作品でもないと思う。

鈴木光司「バースデイ」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 文学 タグ ,

DVD「逮捕しちゃうぞ ORIGINAL ANIMATION VIDEO SERIES」

実はOVA版『逮捕』はLDだけじゃなくDVDも(レンタル落ちだけど)持っている。
部屋を整理したら出てきたので久しぶりに観た。

FILE.1「そしてふたりは出会った」
アニメ版でFOX和尚が活躍する話って実はこれぐらいなんじゃないだろうか。もう一本ぐらいあったか。
それはともかく。二人の出会いが丁寧にテンポよく描かれてて楽しい。一話目から傑作なのだった。

FILE.2「東京タイフーン・ラリー」
ネコ絡みなのもあって好きなエピソード。堀切がほんの少し出てくるのも嬉しい。
台風の描写がすごく丁寧で臨場感を盛り上げる。特に音響は凝ってるなあと。

FILE.3「恋のハイウェイ・スター」
なんとなくテンポが悪い。

FILE.4「on the road, AGAIN」
最終話だけに力も入ってたんだろうけど、やっぱり続きが観たくなる熱量を孕んでる。
ここで終わらせるのはもったいないよねぇ、と関係者も思ったに違いない。

最近原作を読むまで、TV版はオリジナルストーリーメインで、OVAは原作に沿ったストーリーだと思ってたのだが、実際は逆だった。
OVAで原作が活かされてるのはFILE.3と4の一部だけ、ほとんどオリジナル。

作品の肝だから手を抜くわけにはいかなかったんだろうが、メカ描写は良く出来てると思う。
車にもアニメにも詳しくないけど、手書きのセルアニメで実在の車両を動かすのが大変なことぐらいは(それこそ『ルパン』なんか観てれば)想像がつく。CGでやってもこの味は出ないだろうし。

あと、小さい頃家にトゥデイがあったことも、『逮捕』好きに少し関係あるかもしれない。
確かに可愛いクルマで、歴代の愛車のなかでも、両親も特に気に入っていた気がする。

「巨人の村」とジャック・ニッチェ

本棚を整理するついでに、ムック時代の映画秘宝『あなたの知らない怪獣㊙︎大百科』を引っ張り出してパラパラ読んでいた。
出版から22年経ってるが全然古くなってないのは流石。

買った頃(20年前)と違うのは、取り上げられているほとんどの作品がYouTubeなりソフトなりで視聴可能なこと。
実際観てみると紹介文以上に酷くて、「こんなもんを観たいと心踊らせていたのか、あの頃の俺は」とあらためて虚しくなることも多々あり。

ただ、中には意外な発見をすることもあって、『巨人の村』(1965)もそんな一本。
説明するまでもなく、Mr.BIGことバート・I・ゴードンの映画の中でも『恐竜王』と同程度かそれ以下のZ級映画。


本編は途中で寝てしまった。全編観たところで変わらないと思うのでどーでもいい。
ただ、予告編でも解るようにBeau Brummelsが「When It Comes To Your Love」を演奏するシーンがある。

それ以上に驚いたのが、本作のテーマ曲をJack Nitzscheが手がけてること。
このテーマ曲「The Last Race」がカッコイイ。ベースリフがクールだ。


タランティーノが『デス・プルーフ』に使ってたり、自分が知らなかっただけでその界隈では有名な曲らしい。

60年代のティーン向けB級映画にはゴーゴーが出てくることが多くて、本編はダメでも妙に曲が耳に残ってしまうこともたまにある。
『The Creeping Terror』(1964)なんかもいい例だ。
時間を無駄にしたはずなのに、なんとなく得した気になってしまう。
だからだめなんだ。

鈴木光司「ループ」

大学時代、大好きだった現代思想の授業で、先生が『リング』と『ループ』に触れた記憶がある。
ポストモダンを扱う授業だったが、はっきりとは前後の文脈を思い出せない。たぶんロラン・バルトの〈作者の死〉とか、そのへんに絡めた話だったはず。
(面白い授業だったなぁ。G先生、お元気ですか)

当時は『リング』と言われても映画版の貞子のイメージしかなかったので、先生がこんな小説の名前を挙げたのが意外だった。
「まぁ、メタの手法で書かれてんだろうな」ぐらいには思って、読もうとはしなかった。

というわけで、漠然とではあるものの一番大事なポイントについて知っちゃってたので、『リング』が仮想空間の出来事だと知っても驚きは感じられなかった。
(予備知識がなかったとしても、新鮮さを感じられたかといえば疑問だが)
ただ、それを抜きにしてもつまらなかった。

前二作にはあった、一気に読ませてくれる筆力が無い。
冗長だし、話の飛躍がイチイチ引っかかる。こうなるともうSFはダメだ。

三部作の完結編とはいっても独立した作品なのだから、『リング』『らせん』を読んでない人でも楽しめないとダメだと思うが、そうなっているかというと疑問。
かといってシリーズを読んできた人なら楽しめるかというと、これといった伏線の回収があるわけでもなく。
『らせん』をフォローするために書いて失敗した、という感じ。

失敗した小説はその欠点ゆえに愛せる小説になったりするが、失敗した大衆文学はここまで無様なのかと思った。

鈴木光司「ループ」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 文学 タグ ,

石川淳「新釈雨月物語」

『雨月物語』は大学生の頃、溝口の『雨月物語』を観た後に読んだ。
そのときは映画への興味が先に立っていたので、「浅茅が宿」と「蛇性の婬」だけ読んだ。

で、秋成の原典をちゃんと読むこともなく今度は石川淳の『新釈雨月物語』。

「蛇性の淫」はなかなか怖いが、改めて読むと溝口の映画に活かされたのはほんの一部で、ほとんど別の話だ。
田中優子さんの本を読んだ後なのもあって、むしろ「白娘子永鎮雷峰塔」と比べてみたくなった。

特に面白かったのは、「白峯」「仏法僧」「夢応の鯉魚」あたりか。
三島が「夢応の鯉魚」を好きだったというのはなんか頷ける気がする。なぜだろう、全編を覆う淡水の生温さとか、捌かれて食われそうになるくだりが、『仮面の告白』の食人妄想や血の温度を連想するからだろうか。

著者は「秋成私論」で〈秋成の世界は日本独得の発明になっている〉と述べている。
仏教的な、来世の観念ではなく、〈次元からいうと実在の世界とほとんど相似のようなところに別天地〉を書いている、という。

これは実在の世界と未知の世界という二つの配置があって、同時のその双方に関係する、つまり論語にいう「両端をたたく」。端が二つあって、それを同時にたたかなければならない、そうしなければ世界像は完全につかめない。そういう世界観です。

ここが難しくて、自分は「白峯」でも「仏法僧」でも、亡霊たちがあの世から来たものとして読んでも違和感はない。
たぶん基になった中国白話や、先行する『今昔物語』『日本霊異記』と読み比べないと、その差は理解できないのだろう。

読み終えてみると、やっぱり解説にある通り原典と首っ引きで読むべきだったかなと思う。作者がどのように〈新釈〉を施したのかを知るにはそれが一番だろうし。
あともうひとつ、本作に関しては読みやすさを優先しないで旧仮名・旧漢字で読んだほうが良かったかもしれない。

角川文庫版は装丁やイラストも好みじゃない。ちくま文庫版を買ってそのうち『春雨物語』も含めて再読しよう。

鈴木光司「らせん」

『リング』を読み終えてそのまま『らせん』へ。
こちらは予備知識が無かったので前作以上に楽しめた。

前作よりSFテイストなところも好み。
それでも、さんざん趣向を凝らした作品中でいちばん怖かったのは、正体不明の女が高野舞のアパートから出てくる描写。結局はベタな恐怖描写に勝るものはないんだなと思ったり。
舞が〈空に浮かぶ棺〉で死んでいくイメージも秀逸。舞の名前から導き出されたシーンなのかもしれない。

ただちょっと、安藤と宮下が真相に気づくペースが遅いというか、先回りして読めちゃった部分もあって、そこは惜しいかなと思う。

後半、貞子がしっかりした文章の置き手紙を残すのもちょっと違和感がある。
安藤とのデートで映画のセリフに合わせて口を動かしたり、本屋に長居したりするのも、身体は成長していても内面が伴っていない故の、言葉を覚えるための「学習」みたいなものだと思ってたし、それゆえ不気味さを感じていた。
でもあの手紙によれば、生まれた時点で既に人格は完成してたわけで、それなら貞子は単にワガママな女の子として振舞っていたことになる(わかってて万引きしたことになる…)のが、なんだかなぁという感じ。

それと〈エピローグ〉、クローン云々はさすがに安易な気もする。それまで一応リアリティ重視で進んできたのに、一気にトーンが変わってしまう。

いろいろツッコミたくなるのは前作と同じ。でも今作も一気に読まされたし、そこがエンターテインメントで一番大切なことだと思うので文句はない。前作より好き。

鈴木光司「らせん」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 文学 タグ ,

鈴木光司「リング」

Jホラー直撃世代である。
自分はビビリなので一本も観たことないが、映画館に行くたび『学校の怪談』やら『女優霊』やら『死国』やら『富江』やらの予告編に目を瞑ってたのを思い出す。
(そのくせ『怖い日曜日』なんか結構観てたけど)
だから当然『リング』シリーズも避けてきたが、古本屋の一冊100円コーナーでなんとなく手に取ってしまった。ウイルスに感染したのか。

高山のキャラクター設定と、オカルトに精通してるはずの彼が、ビデオで「山」の字やサイコロを見ても山村志津子に思い到らなかったことに引っかかったぐらいで、結構一気に読まされた。
他にもいろいろツッコミたいところはあるが、それは読んだ後に思いついたことで、読書中に醒めることは無かった。

ただ、好みの問題だろうけど、地の文で人物の心理を描きすぎているように感じる箇所もあった。

流石にあらすじを知っちゃってるのでそんなに怖さはない。でもホラーは映像よりも文章に限ると思う。

それにしても〈呪いのビデオ〉って設定が懐かしい。
ケータイが普及しだした頃、〈不幸のメール〉なんてのが送られてくることが結構あった。
今でも覚えてるのは、東南アジアのブティックで行方不明になって、その後ダルマになって発見された日本人旅行者の話。
で、「読んじゃったら5人に送らないと不幸が起こります」みたいなやつ。
絶対ウソだって解っててもやっぱり怖かったな、ああいうの。

鈴木光司「リング」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 文学 タグ ,