高橋昌一郎「ゲーデルの哲学 不完全性定理と神の存在論」


面白かった。
でも自分が不完全性定理を解ったかどうかは解らない。

ゲーデルの人となりは要らないから、もう少し難解になっても、第1章の〈不完全性定理のイメージ〉を突っ込んで書いてほしかった気もする。

ともあれ頭を疲れさせる本は心地好い。

The Who「Tommy」(1973UK再発盤)


1973年に再発された『Tommy』UK盤。
ジャケの青味が後退している。


カタログナンバーが変わっている。
(初版は613 013/4)
三面見開きだけどコーティングは無し。


ブックレットのナンバリングもなし。このへんちょっと味気ない。


マトリクスはA面から2/2/3/3。
ディスク1がside-1/4、2が2/3の組み合わせなので厳密には2/3/2/3。

有名な「Eyesight For The Blind」の別テイクが収録されたプレス。
この曲もすごいカバーだと思う。ブルースなのにブルース臭さがまったくない。
クレジットを見なければオリジナル曲だと思ってしまう。
Johnの2曲にも同じことが言えるが、アルバムの統一感にとってヴォイシングやアレンジがいかに大切かを思い知らせてくれる。

The Who「Tommy」(1973UK再発盤) はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: The Who タグ ,

The Who「Tommy」(UKオリジナル盤)

『Tommy』のUKオリジナル盤。


前にも書いたが、これは6~700円で手に入れた。
ヤフオクに〈ザ・フー10枚まとめて〉みたいな商品名でほとんどジャンク扱いで出品されていた。
しかしどう見ても美品だったし、持っていない帯付き国内盤が何枚か含まれてたので、それ目当てで落札した。

届いてみるとやっぱり美品がほとんどで、しかもこのアルバムを始め何枚かはUK、USオリジナル盤だった。


三面見開きのコーティングジャケット。ブックレットにはシリアルナンバーあり。
すごくいい匂いがする。


マトリクスは全面1。
音は物凄く良い。「Acid Queen」のドラムの生々しさは怖いくらい。
ドラムをモノで録音したのは正解だったと思う。上手く言えないが、ヘタなステレオ録音より実在感がある。

映画『あの頃ペニー・レインと』で、部屋を暗くして蝋燭の灯りだけで「Amazing Journey」を聴く印象的なシーンがある。
(あれはDECCA盤だったけど)
蝋燭こそ点さなかったが、部屋を真っ暗にして大音量で聴くと、本当に新しい世界が見えるよ。

The Who「Tommy」(UKオリジナル盤) はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: The Who タグ ,

洋泉社がなくなる日


洋泉社解散のニュース。
雑誌化してからの『映画秘宝』はあまり手に取ったこともないのだけど、ムック時代のものは今でも読み返す。

〈洋泉社MOOK〉レーベルもなくなるし、『特撮秘宝』とか『怪奇秘宝』とか『マーダー・ウォッチャー』とか、失くなっちゃうんだなあと思うと寂しい。
なんだかなぁ……。

The Who「Quadrophenia」(UKオリジナル盤)

特に書くことが無い日も写真撮ってアップすればいいだけだからアルバム紹介はラクだと気づいた。


『Quadrophenia』のUKオリジナル盤。ラックから取り出すと記憶より傷んでいた。


マトリクスは4/4/4/3。音はいい。
でもこのアルバムはミックスが独特だから、たまにオリジナルミックスを聴くと違和感を感じる曲もある。(「I’m One」とか)


ファーストプレスのジャケットはオランダ製で、セカンドプレス?(discogsの表現を借りるとLater press)は英国製。
ただこの英国製ジャケットのほうが稀少らしい。
写真を見ると判るが、たぶんオランダ盤の版下の上からクレジットを貼り付けたんだろう。


例によってブックレットは外れかかっている。
『Magical Mystery Tour』にしてもこれにしても、豪華なのは嬉しいけど美品に巡り会うのが大変なのは困ったもんだ。

The Who「Quadrophenia」(UKオリジナル盤) はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: The Who タグ ,

The Who「Odds & Sods」(CBSソニー見本盤)

『Odds & Sods』の日本盤アイテムだと、〈不死身のハードロック〉スリーブに入ったプロモキットが有名だけど、これはその外装を捨てたものなのかもしれない。


ジャケットは米MCA初回盤と同じ、というかそのもの。直輸入してそのまま使っている。


レーベルはUK trackロゴ。見本盤スタンプあり。マトリクスは市販盤と同じ。
日本盤で聴く「Little Billy」「Pure And Easy」は最高。
前にも書いたWhitefang氏は、Who関連アイテムで一番音が良いのは『Odds & Sods』のCBSソニー盤か、『Rough Mix』のUSオリジナル盤のどちらかだとまで言っている。


CBSさんはそれなりにWhoをプッシュしてたようだ。Who専用のインナースリーブまで作っている。
当時の担当者氏の話でも、期待したほどには売れなかっただけで、売れなかったわけではない、とか。

それにしても、最近の再発ではまったく無視されてるこのアルバム。
『WHO』のディスコグラフィーにも載ってなかったし、もうオフィシャルとしては編集盤扱いなのだろうか。
それは違うでしょと、声を大にして言いたい。

The Who「Odds & Sods」(CBSソニー見本盤) はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: The Who タグ ,

RIP. Anna Karina


海外の女優さんはほとんどわからないが、アンナ・カリーナは大好きな一人だった。
ゴダールとの一連の作品は永遠です。
安らかに。