「ムーミン谷の彗星」(旧装丁トーベ・ヤンソン全集版)

どんなに珍しいものでも、ずっと探し続けていればいつかは見つかるもので、やっと、旧装丁トーベ・ヤンソン全集版の『ムーミン谷の彗星』が手に入った。


しかも滅多に見ない帯付き。
アニメの放送に合わせて新装丁に移行したんだと思ってたが、違うのかもしれない。


この表紙が、二十数年前、小学校の図書室で自分の目を釘付けにしたのだ。
ムーミンたちは小さくしか描かれていない。真っ黄色でレトロで巨大な望遠鏡。そして科学者の影。
いま見てもワクワクする。
この絵に彩色して表紙に持ってきたデザイナーのセンスに脱帽。

トーベ・ヤンソン「リス」

ヤンソンさんの短篇は好き嫌いがはっきり別れる。
「リス」は一行目を読んだ瞬間に好きになった。

クルーヴハルでの暮らしが臨場感たっぷりに描かれてるだけじゃなく、ヤンソンさんの他者との関係性に対する姿勢も窺える。
お互いを尊重して、近づきすぎす、遠ざけすぎない。それがたとえ一匹のリスであっても。
厳しさも温かさも兼ね備えた、他者の孤独をきちんと尊重する態度。

ムーミン谷の住人達みんなが持っている性質。だからムーミン谷に住みたいと思う。
とにかく静けさと波の音に充ちたこの短篇が大好きだ。

ムーミン刺繍ブローチ

ムーミンカフェとショップ限定のムーミン刺繍ブローチ。
会社帰りに寄れるのでついつい買ってしまう。
とにかく可愛い。


ミイとソフス。ムーミンの隣にいないソフスもいい。


やっと出たスナフキンと、悩むムーミン。自分の天涯孤独な身の上を嘆いているところ?

クラフト紙っぽいパッケージも可愛い。
1個600円、全12種類でブラインドなのはなかなか手強いが、この可愛さには負ける。
売り切れる前に絶対コンプリートしたい。

トーベ・ヤンソン「ニョロニョロのひみつ」

講談社文庫の新装版も『小さなトロールと大きな洪水』しか買わないうちに、ヤンソンさん生誕100周年記念カバーに変更されてしまって、どうせならボックスで欲しいなぁと思ってるうちになんだかんだ1年以上経ってしまったので、今度はそろそろ100周年カバーから新装版に戻るのかなぁと焦ったり。
好きな本を複数買いするのは嫌いじゃない。でも装丁替えのスパンが短いとつらいよ。

detosynligabarnet

『ムーミン谷の仲間たち』は後期の作品で、ここまで来るとムーミン童話よりヤンソンさんの他の小説に感触が近そう。(ほとんど未読なのです。すみません)
「ニョロニョロのひみつ」はパパが他の作品でもたまに見せる世捨て人願望で書かれた一編で、そのうえニョロニョロが出ずっぱりなので、ニョロニョロとパパ好きとしては堪らない。
確かに解説にもある通り「ピンぼけの失敗作」な感じはする。冗長で詰め込まれた要素を活かし切れてない。でもピンぼけなら読むたびにピント合わせを変えれば、そのたびに違う読みが出来る。だからそんなに悪い作品でもないと思う。

papa

本音を言えば最初の2ページだけあればその後はいらないくらい好き。パパの背中と水平線。もうそれだけでいい。

Tove Jansson「MOOMIN: The Complete Tove Jansson Comic Strip」

moomincomicschikuma01

ちくま文庫にムーミンコミックスが入った。

手軽に読めるし表紙も昔使ってた手帳に似てて可愛い。欲しい。でもコミックス版は原書で読んでこそな気もする。

コミックス版は原文もスウェーデン語じゃなくて英語なので、ヤンソンさんの言葉をそのまま読めるのが嬉しい。
日本語版で読んでる人にもオススメ。英語ならではの可愛さがあるし、いま手に入るハードカバーは装丁も綺麗。
英語も簡単。世界観もキャラクター設定も小説とは全然違っていて、読み比べると楽しい。
不可触民とは言わないまでも、小説ではきわどい役割を担っていたニョロニョロその他のキャラクターも、いい気な連中になっていて笑える。

completejanssoncomic1
(Amazonは安いけど高確率でダメな梱包なのがイタイ)

「MOE 2015年12月号」

毎年恒例のムーミンダイアリー付きの「MOE」。これを買うと師走を感じる。

moe201512

毎年毎年出てるし、大して目新しいことは書かれてないのだけど、今年はムーミンの〈本〉がテーマなので、眺めていると結構愉しい。
小学校の図書館にあったトーベ・ヤンソン全集(1968年版)の表紙も載っていて、今見ても『ムーミン谷の彗星』は強烈な色彩でカッコイイ。いつか手に入れたい。

ムーミンベーカリー&カフェ@ラクーア

今日も国会前抗議。

150726_6
休日なので遠方から来ている人(団体さん等)が多かった印象。警備が多少ゆるかった印象。あくまでも印象。

それにしても暑かったのでムーミン谷(千代田区)へ逃亡。
ムーミンの日記念プレートはこの前頼んだので、ベリーサンデーを。

berrysunday
アイスが美味しい。

snufkinandlittlemy
スナフキンと相席は初めてだったので嬉しい。異父姉弟の図。

ancestoroftroll
グッズコーナーにいたご先祖さま。どこにいても可愛い。