佐々木倫子「動物のお医者さん 第4巻」(白泉社文庫版)

漫画を文庫版で読むのは好きじゃない。
判型が小さいし、ものによっては扉絵が省略されてたりするし。
なによりイヤなのは、三流タレントの読書感想文を〈解説〉と称して載っけていたりすることだ。

『動物のお医者さん』は、扉こそ省略されているが、解説に関してはハズレがない。
特に4巻の竹熊健太郎のものは、本作を個人主義が実現した社会を描いたものと看破している、とても有用な〈解説〉。

佐々木倫子「食卓の魔術師」

佐々木先生の初単行本にして、忘却シリーズの第一弾。

忘却シリーズ三編はもちろん面白いのだが、併録された「プラネタリウム通信」が、美人姉妹シリーズのパイロット版ぽい雰囲気もあって好き。
人間のちょっとイヤな部分が(生々しくならない程度に)描かれているあたり、作者の観察眼の鋭さが浮き彫りになっていると思う。

書き下ろしの「趣味の講座」は乗馬編。肩の力を抜いたエッセイ漫画も一級品。

佐々木倫子「林檎でダイエット」

現実に疲れて、頭がイヤなことで一杯なときは、好きなものについて考えるに限る。

藤子F先生は別格として、佐々木倫子先生はいちばん好きな漫画家である。
『動物のお医者さん』に描かれている世界は自分にとっての理想郷だし、笑いのテンポとかセンスにもすごく影響を受けた。

『林檎でダイエット』も『動物のお医者さん』と同じくらい(か、ひょっとしたらそれ以上に)好きな作品集。
浅野姉妹が主人公の作品はたったの5本しかないが、すべて傑作。何度読み返しても面白い。
佐々木先生の作品が面白いだけでなく心地好いのは、いろんなところで言及されてるが、風通しの良いドライな人間関係にある。
この作品でもサバサバとした人間関係は徹底されていて、姉妹が主人公で恋愛が題材になったりもするのに、ちっともウェットにならない。
素晴らしい。

この5本で終わってしまったのが本当に惜しい。
願わくば続きが読みたい。雁子さんと鴫子さんなら、時代が変わってもマイペースに生きていてくれそうだ。