東宝特撮のサウンドトラック

遂に発売された、『フランケンシュタイン対地底怪獣』『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』のサントラ。
なんとなく「そろそろ出そうだな」なんて気配は感じていたものの、発売が決まると、そして実物を手に取るとやっぱりテンションが上がる。


ジャケットからライナーノーツ(オールカラー)まで、凝りに凝った最高のリイシュー。「最終盤」の呼称に相応しい。さすがはCINEMA-KANレーベル。
今年の再発大賞は『SGT』じゃなくてこっち。

『フランケンシュタイン対地底怪獣』は、なかなかリマスターの機会にめぐまれなかったバラゴンのテーマがとにかく嬉しい。『東宝怪獣行進曲』よりも金管の荒々しさが増した感じ。
従来盤の〈東宝怪獣映画選集〉版では、権利の関係か使用されていなかったフランケンの写真も、ジャケやライナーにちゃんと復活している。


『サンダ対ガイラ』も、従来盤は〈東宝怪獣映画選集〉シリーズ。発売はちょうど20年前、1997年。
このシリーズもジャケットがカッコ良くて全部揃えたかったが、小学生にそんなマネが出来るわけもなく。
それでも『サンダ対ガイラ』だけは買ったのだが、金欠のときに売ってしまった。今は後悔しかない。

リッピングしたデータ自体は残っているので、何曲か聴き比べてみる。
劇的な音質向上はないが、20年分のテープ劣化も感じさせないのは嬉しい。
97年盤には予告編が、今回の盤には「The Word Gets Stuck In My Throat」の参考音源が収録されてるのが主な違い。

収録音源の差は置いといて、ライナーノーツはどちらも詳細で、97年盤の森田吾一氏インタビュー、17年盤の宣材類や検討稿解説は独自の内容。
だから今回の再発で97年盤の価値が下がることは無いと思う。実際、東宝ミュージックから再発されてる他の作品も、まだプレミア価格のまま取引されている。
(それでもいつか買い戻してやる)

東宝ミュージックのサントラ盤は、岩瀬政雄氏が制作に携わっている、由緒正しい正統盤。
いまのところ2枚しか持っていないが、少しずつ集めたい。


このシリーズもジャケは素晴らしい。『地球防衛軍』と『宇宙大戦争』の2枚組。


『海底軍艦』『マタンゴ』の2枚組。

ただちょっと残念なのは、マスターテープの経年劣化を補うためか、音の輪郭を若干強調してマスタリングされている印象があるのと、これも伝統の左右に広がるリヴァーブがかけられていること。このリヴァーブも80年代とは意図が違うだろう。
悪い出来ではないけど、できれば原音のままモノラルで収録して欲しかった。

岩瀬さんが定年退職なさってからリリースが止まっているので、難しそうだけどCINEMA-KANから「最終盤」としての再リリースも期待している。

伊福部昭の芸術

最近、ノイズとかアンビエントってことに逃げたような曲ばかり作っていて、さすがに飽きてきた。
どうせならちゃんと作曲を勉強したいし、楽譜を読めるようになりたい。というか書けるようになりたい。

なので、できるだけ易しそうな本を選んで楽典を勉強してるのだが、面白い。
ギター弾き始めた頃にもその類の本に手を出したことがあった。でもよくわからなかったのですぐに諦めた。
それから15年ぐらい経って、理論無視の素人作曲にも良さはあるけどそれだけじゃ保たないよねってことが身に沁みて分かった。
ちゃんとした語り口の本なら体に入ってくるもんなんだなぁと。

ほんの少しでも拍子や音階のことが分かってくるようになると、伊福部先生の作品が面白くてしょうがない。

1977ifukube
名盤中の名盤『伊福部昭の世界』(1977)。

特撮もののサントラは、〈ゴジラの音楽〉っていう原体験を抜きにして今の耳で聴いても、ジョー・ミークなんかにも通じる音響的な面白さがある。大友良英が言うようなオーケストラのヘタウマさと音圧も凄い。

kawademook_ifukube

片山杜秀編集の文藝別冊を読みながら、『伊福部昭の芸術』シリーズも聴き返している。
転調と変拍子の嵐で、実際の調と拍子が自分の耳ではまだ分からない。しかしここまで本当の意味でオリジナリティの高い人は滅多にいないと思う。

artofifukube1

文藝別冊の上野耕路さんインタビューで、テリー・ライリーも伊福部先生宅を訪ねたことを知った。凄い…。
上野さんは「リトミカ・オスティナータ」をフェイバリットに挙げていた。聴いたことがなかったので、『伊福部昭作品集』を買った。

駅前ブートみたいなヒドいジャケだが、内容は最高。「リトミカ」も一発で好きになった。
伊福部先生ご自身はピアノはあまり好きじゃないと仰ってたけど、これは「ピアノと管弦楽のための」名曲。


脱帽。本当に凄い。

伊福部昭の芸術 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 伊福部昭 タグ

伊福部昭「ゴジラ オリジナル・サウンドトラック」

godzilla1978

1978年に発売された歴史的名盤。
とはいっても、11〜2歳の頃CDで初めて聴いたときの印象はイマイチだった。
その頃(95〜97年)は『東宝怪獣行進曲』に「ゴジラ大全集」シリーズや「ミュージックファイル」シリーズ、他にも充実したサントラがたくさん出ていたし、8ミリビデオに使うことを考えるとSEが曲頭にあって頭出しがしにくいことも気に入らなかった原因のひとつ。

そもそも邦画サントラのフォーマットを決定づけたアルバムと、それから十数年後に出たアルバム群を同じ土俵で聴くことに無理があったんだけど、その頃の印象をつい最近まで引きずっていた。

ちょっと前に中古レコを買って聴き直したら、酒井敏夫(竹内博)さんの構成力の素晴らしさにようやく気づいた。
Mナンバー順に曲をコンプリートするサントラとは全く違っていて、アルバム自体が一つのストーリーになっている。一種のコンセプトアルバム。
「黒部谷のテーマ」と「岩戸島の神楽」から始まるのも、構成者がどれだけ東宝怪獣映画を愛して理解しているかの表れだと思う。東宝怪獣はやっぱり土俗的な神様なのだ。

昔持っていた89年の再発CDもレンタルしてきた。CD黎明期でもないのに音質は酷い。
ボーナストラックは付いてるけど、ほとんどリマスタリングしてないんじゃないだろうか。モノラル音源に若干エコーが付けられていて、レコードだとそれほどなかった違和感が目立つ。

SFfantasy2

一緒に借りてきた『SF映画の世界』3枚は最近の再発なので音質は問題なし。
これも酒井さんの構成が見事で、できるだけ多くの作品から楽曲を持ってきてなおかつ散漫にならず飽きさせないアルバムを作ろうという強い意志が見える。
レコードはPart1と2しか持ってない。ちゃんと集めようと思う。

伊福部昭「ゴジラ オリジナル・サウンドトラック」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 伊福部昭 タグ ,

本多猪四郎「ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版」@TOHOシネマズシャンテ

まず。
リマスター云々以前に、「昭和29年」の「ゴジラ」を「初日」に「日比谷」で観ることを疑似体験できるだけで嬉しい。
もちろんシャンテだから日劇とはちょっと場所違うけど、ここで観ることの意味の大きさに変わりはない。

140607hibiya
雨のゴジラ像。天気がいい時とは違った迫力があります。

140607godzilla
個人的にはもうちょっと工夫して欲しかったポスター。オリジナルを活かすという意味ではしょうがないか。

リマスターは当然楽しみだったが、特撮の粗が目立ってしまうんじゃないかという不安も当然あった。
一番心配してたのは、東京湾沿いに鉄条網が張り巡らされるシーンの合成で、やっぱり背景に対して鉄塔部分が揺れてしまっているのだが、モノクロのおかげで色調の違いは感じないので、それほど違和感はなかった。
(勿論そういう観点で観た場合の話なので、今回初めて観る人からすれば、なんだバレバレじゃん、となるかもしれない)

合成技術のレベルは相当高い。
大戸島での出現シーン、品川上陸シーンも合成であることは分かっても、マスクの設定が絶妙なのでほとんど気付かないうちに次のカットに移ってしまう。
品川のシークエンスは実相寺昭雄も分析した名シーンだ。
円谷英二の編集テクニックが冴えに冴える。

画質が鮮明になったことで、着ぐるみの動きもより生々しく伝わってくる。

この作品での中島春雄の演技は、後の“怪獣演技”とは異質のもので、演技というよりゴムの塊をなんとか動かそうとする苦闘そのもの。
特に顕著なのが隅田川から東京湾に逃れるシーンで、セイバーの攻撃にうるさそうな仕草を見せるゴジラの演技。おそらくはもっと大きく動きたかったんだろうなぁと、苦闘ぶりがものすごくリアルに伝わってくる。
このシーンは東宝のステージで撮影に立ち会ってるような臨場感だった。

godzillasumidagawa

正直云って画質の向上は『羅生門』ほどではない、と思った。
でもあちらは画そのものに語らせようとした作品、こちらは本編と特撮の空気感を統一させることにまず神経を注がなくてはならなかった作品なので、比較してもしょうがない。

リマスター効果は音のほうにより顕著に感じられた。
咆哮と足音の迫力、音楽の奥行きが、DVDはもちろん、フィルムセンターで観た状態の良いプリントとも雲泥の差。音圧ときめ細かさの両方を備えた素晴らしい音。
(これも普段40〜60年代の邦画を見慣れているからこう思えるだけで、やっぱり普段そういう映画を観ない人からすればセリフも聞き取りづらいし、音の潰れも気になるかもしれない。でもこれは相当いい仕事だと思います)

作品自体について言うと、ちょっと演技の甘さが気になったりはする。

主演の3人についてもそうなのだが、一番不満なのは有名な「ゴジラに光を当ててはいけません!」と山根博士が群衆にもまれながら言うシーンの、群衆の演技。
危険区域にある自分の家や逃げ遅れた家族友人がどうしても心配で居ても立ってもたまらない、自衛隊員に静止されようがその先に行きたい、だからああいう状態になってると思うんだけど、なんとなく押されたり押したりしてるだけで、切迫さが足りない。
志村喬の演技は当然巧すぎるので、どうしてもそこが気になってしまう。

しかしそれも些細なことで、今回あらためてこれは怪獣映画というよりも戦争映画、もっと言えば空襲を描いた映画だと思った。

いまさら強調するまでもないこんなことを書きたくなるのは先日の産経新聞の記事が酷すぎたから。
この映画を〈単なるアナーキーな娯楽映画〉として観られる人はいろいろ足りてないとしか思えない。

ゴジラが海に去ったあと、負傷者や遺児で溢れかえる病院の描写は、この映画がなにを語ろうとしているのか、無言のうちに強く物語っている。

映画の楽しみ方なんて観る人それぞれの自由だし、観客が100人いれば100通りの映画が誕生する。
しかし、どうしても見誤ってはいけない物語の核というのは必ずあると自分は思う。

枝葉をどう生やすかは各人の自由だが、与えられる根はひとつだ。

この作品が〈反戦・反核映画ではない〉と言い切ってしまうのは、絶対に違う。
ラストの山根博士のセリフを聞けばそれは明らかだ。

国会で山根博士がゴジラと水爆との関係を示唆したあとの、事実を公表するか否かをめぐる代議士達のやりとりは、ある意味でこの映画でもっとも古くなっていないシーンかもしれない。
作り手がいかにシビアに現実を見つめていたかの証。

godzillahibiya

映画の楽しみ方なんて観る人それぞれの自由、と書いたけど、自分にとって今回の鑑賞のいちばん重要なポイントは、冒頭でも書いたように、〈日比谷で観る〉ことに尽きる。

子供の頃とは違って東京の土地勘も少しはあるので、上陸したゴジラが新橋のほうから近付いてきて通過、国会を壊して皇居を一周して隅田川から海へ抜ける、という地図も頭に描ける。
まさに海のほうから今ここにゴジラが向かっているわけで、臨場感が違う。当時、日劇のシーンで日劇の観客が沸いた気持ちを少しだけ追体験できた。
(国会が破壊されるシーンで拍手もしたかった)

上映終了後に、宝田明さんとエドワーズ監督によるトークショー。
宝田さんはお元気で、伊福部先生の生誕百年にも触れていて嬉しかった。「ゴジラVSモスラ」LD-BOX特典映像での、打ち上げで伊福部先生とお会いした宝田さんの嬉しそうな表情が思い出された。

エドワーズ監督はやっぱり日本の観客の反応が気になるようだった。デル・トロみたいにオタクオタクした人じゃない(ような気がする。同族嫌悪と言われようがオタクは嫌いだ)。

ただトークショーの雰囲気が内向きというか、なんとなく狭いファン層に媚びてるように感じられてしまって少し微妙な気持ちになった。

programreissue

復刻版パンフレットは少し高いけど、紙質も結構頑張って再現しているらしい。講談社の「グラフブック ゴジラ」の巻末付録と較べても確かに鮮明さは増している。東宝写真ニュースの復刻も嬉しい。

シャンテを後にして、さっきスクリーンの中で壊されたばかりの雨の日比谷に出た。

伊福部昭「東宝怪獣行進曲」

いつどうして手放したのか思い出せないけど、いつの間にか手許から消えていたCDを買い直した。

tohokaijukosinkyok

東宝レコードの「ゴジラ」以上の名盤だと思っている。

とにかく井上誠氏による構成が秀逸。
怪獣のライトモチーフ、マーチ、シークエンス別の楽曲の3部構成になっていて、主要な伊福部楽曲はほぼ網羅されている。

ライトモチーフは怪獣の鳴き声→音楽の順に構成されていて、怪獣によっては複数バージョンが収録されている。いままで気付かなかったが、アンギラスには伊福部先生作曲のモチーフが無い。ちょっと意外だ。
マーチは説明不要の楽曲が並んでいてテンションが上がる。海底軍艦マーチは2曲収録されているのが嬉しい。
一部の曲は短めに編集されているが、美味しいところを詰め込むだけ詰め込んだ感じでかなり満足できる。

作品ごとのサントラを入手するのが難しくなっているので、伊福部先生の生誕100年に合わせた再発やリマスターを期待したいところ。

「HOWL ゴジラ&全怪獣咆哮図鑑『吠える』」

懐かしいCDを買い戻した。
『ゴジラVSモスラ』までの東宝怪獣の鳴き声が網羅されている、要は鳴き声のSEだけが延々と続くCD。しかしこれはLP時代の『サウンドエフェクト・オブ・ゴジラ』に続く名盤である。
これは多分人生で初めて買った(買ってもらった)CDなのだ。幼稚園の年長ぐらい。その後小学校に入って8ミリビデオで特撮映画ごっこをするときも本当にお世話になった。
フランケンシュタインの声が生々しくて怖かったこととか、ゴジラは鳴き声では3代目が一番カッコイイと思ってたこととか、いろいろ思い出した。今夜はコレを聴きながら寝ます。