北野武「菊次郎の夏」@キネマ旬報シアター

北野映画の中でもいまいち食指が動かなかった『菊次郎の夏』を観る。

普通に良い映画だった。
でも北野武に〈普通に良い映画〉なんて求めてるわけでもない。

そしてここに来て遂に映像と音楽の力関係が逆転する。
あのテーマ曲じゃなかったら、結構退屈な映画だったんじゃないだろうか。
音楽に引っ張られて観てしまうけど、終盤の展開は間延びしてる気がする。

もともと既存の映画とはテンポが違う北野映画だが、本作の場合そこに快感はなくて退屈な場面も多い。
良かったのは競輪場の場面とか。

あとは殿が人前に出してあげたいパフォーマーがフィーチャーされてるシーンなんかも、リズムを悪いほうに壊してる。麿赤兒先生のシーンも同じ。
義太夫さんとらっきょさんにしても、これまでの映画であんまり使ってこなかったから「今度はお前らな」って感じが透けて見える。殿の優しさが自分にとってはちょっと邪魔だったり。
でもキヨシさんのシーンは最高。

『HANA-BI』と正反対なたけしと岸本加世子の夫婦にニンマリするだけで充分な映画だ。
桜橋の下を通過する艀とか、好きなシーンもいくつかあるけど、ここまで観客に媚びることもなかろうて。

北野武「HANA-BI」@キネマ旬報シアター

ここのところ不調で、観たい映画は山ほどあるのに一本も観に行けていない。
やっと見つけた隙間の時間にキネマ旬報シアターへ。
北野武『HANA-BI』。

再見だが、久しぶりなので良し。


駅を出たら寒かった。

『あの夏』と『ソナチネ』では饒舌すぎて映像から遊離していた久石譲の音楽が、ここでは完全に映像と一体化しているのが凄い。
(『キッズ・リターン』は好きじゃないので覚えてない)
本作のたけしは極端にセリフが少ないので、それも良かったのだろう。

『ソナチネ』だって死生観を扱ってはいたんだろうけど、それとは比較にならないほど『HANA-BI』が重量級の作品になっているのは、逸見さんが亡くなり、たけし自身も生死の淵を彷徨ってしまったからなのか。

『ソナチネ』では怖がりつつ死と戯れていた感すらあるが、本作にそういう刹那的な無邪気さは無い。

半身不随で刑事を退職した大杉漣は絵を描き始める。
ポジティブな事象であるはずなのに、画面には〈死に損なった〉〈死ねなかった〉〈死を諦めた〉ような虚無感が横たわっている。
それでもこんなに絵が描きたくなる映画はないけどね。(花屋のシーンは少ししつこいと思う)

主人公の名前が『その男』と対になってたり、作品自体『その男』のパラレルな続篇みたいだったり、それこそラストシーンは『ソナチネ』だったり、集大成的な色合いも濃い。

でも久しぶりに観直した結果、高田センセーの「カミさんへのラブレター」説がいちばん妥当なんではないかと。
西の奥さんが最後の最後に口にする「ありがとう」と「ごめんね」。
殿は奥さんにこれを伝えたいがために本作を作ったんじゃないかと。
だとしたらなんてカッコイイんだ。
(いやまあ、常人には想像できないほど泣かせてもきたんでしょうが)


キネマ旬報シアターも館内の展示が凝っていて愉しい。バックナンバーも読める。

今回は久しぶりのフィルム上映ということで、スタッフの方がお客さん達に映写機を見せて解説していた。
自分も待ち時間に映写室を見せて頂き、少しだけ雑談した。
映画好きな方とのおしゃべりは愉しい。
やっぱり名画座は愉しい。

ビートたけし「みんな〜やってるか!」

日本映画専門チャンネルの北野武劇場で、『ソナチネ』に続いて『みんな〜やってるか!』を鑑賞。
ひたすらくだらない笑いに徹していて何も考えずに観れる…んだろうと思う。正直ちょっと冗長な感じ。ヤクザの抗争のくだりは退屈だった。チャンバラトリオの芝居がコテコテにしつこくて観てて辛いよ。

ダンカンもタカもラッシャーもフィーチャーされてるわりにそんなに笑えない。後半、殿が画面に現れてやっと安心出来る感じ。オーマイ親鸞が好き。
getting1

でも一番笑ったのは寺島進さん。ヤクザも流しもハマりすぎ。
getting2
『監督たけし』を読むと、『その男』の現場で殿が(名前こそ出てないけど)寺島さんに惚れ込んだのが分かるし、『あの夏』以降の作品を観ればそれはもう一目瞭然。

あとキャップ率いる地球防衛軍。ウンコでハエ男を呼び寄せる作戦が翌年のガメラにそっくりで笑うし、東京ドーム(?)にバキュームカーやらお百姓さんやらがウンコを持ってくるあたりは意外と正攻法の怪獣映画演出になっていて、こんなところでも北野武の観察眼の鋭さを思い知らされる。
getting3
『サンダ対ガイラ』『キングコングの逆襲』あたりの雰囲気。

北野武「3-4×10月」「あの夏、いちばん静かな海」 @ 早稲田松竹

北野作品の中でも特異な存在らしい『3-4×10月』。


暴力描写の唐突性は前作以上だと思った。特にたけし演ずる上原。カッコ良過ぎ。
楽しげな砂浜の野球シーンにいきなり割り込んでくる暴力。ビール瓶をヤクザの頭に叩き付ける殿に惚れる。

突き放されるような終り方も心地良い。何だかジワジワ効いてくる映画で、早くもう一回観たい。

『あの夏、いちばん静かな海』は正直そんなにピンと来なかった。

『3-4x』の後ってこともあるのか、どうしても音楽が邪魔に思えてしょうがない。あとサーファー役の演技。どんな映画観ても自分と同年代のセリフ回しの嘘っぽさには敏感になってしまう。

『3-4x』なんか観てると、永山則夫を題材にして一本撮って欲しいと思ってしまう。諦観と絶望を具えた眼が見た景色を描かせたら右に出るものはないんじゃないかなぁ。

北野武「その男、凶暴につき」 @ 早稲田松竹

早稲田松竹にて『その男、凶暴につき』『3-4×10月』『あの夏、いちばん静かな海』の初期作品3本立てだバカヤロー!

『その男』以外は初めてだけどやっぱり一番インパクトが強いのは『その男』につき。

こんだけ暴力的かつ重い映画が、たぶん北野武という人の中ではコントと同じ理論で作られている。吾妻というキャラクター造型はたけしメモあたりで「こんな刑事は嫌だ」なんてやってそうだし、カット割りや独特の間は「タケちゃんの思わず笑ってしまいました」でドラマのパロディのような形で披露していた。

既存の演出法への批評(あるあるネタの走りでもある)=コント=映画。
同一線上に位置しつつも尋常じゃない表現方法の振幅の幅というかなんというか。天才は両極に振れる人なんだとつくづく思う。

一番わかりやすいサンプルは住宅街での覆面パトカーでの追跡シーン。既存の刑事ドラマの手法を一つ一つ否定する演出。リアルを目指して、それを達成すると同時にきっちりエンターテインメントしてる。職人的な演出手腕も一級なのだ。
そして多分ここに笑い声のSEを被せれば刑事コントとして成立してしまう。

それに拍車をかけて驚かされるのが、その多くが現場での閃きによる演出ということ。ストーリーも現場処理でどんどん変わっていったという。計算の上で組み立てられたシーンももちろんあるんだろうけど、初監督にしてこの演出法でこの完成度。

takeshithedirector
『監督たけし』を読むとそのへんの事情もよく分る。

手放しで絶賛するしかない作品だと思う。が、一つだけ不満なのは音無美紀子や平泉成あたりの演技陣。特に音無美紀子の演技がベッタベタの演技演技していてそこだけ色が違っちゃってる。ベテラン役者の演技を壊すのは難しかったのかなぁ。