本多猪四郎「大怪獣バラン」

『バラン』はもちろん大好きなんだけど、なぜか映画館で観る機会が無い。残念。
久しぶりに観たくなったのと、レンタル版にも特典やオーディオコメンタリーが収録されてるのを最近知ったのでDVDを借りた。

バランのシルエットと動きは一種官能的だ。
いくら中島春雄といえどもゴジラやラドンは着ぐるみを動かすのに精一杯だった感もあるし、逆にモゲラは無機的に歩いているだけだったので、バランが完成された初めての怪獣演技じゃないかと思う。
(あ、逆襲ゴジラがいたか…)
その場で回転したり首をぐるっと回したり、ものすごく生物的な動きだ。

小ぢんまりとした映画だが、そこがまたいい。
ライブフィルムの大量使用のせいで、海外のB級SFみたいな趣もある。
音楽はもちろん素晴らしいし、小粒できちんと美味しい作品だ。

本多猪四郎「メカゴジラの逆襲」

前作と同等かそれ以上にスケールが小さい。
それでも重厚な印象だから本多監督と伊福部先生の力は偉大だ。

ストーリーもシンプルなぶん、ツッコミどころも少ない。全編を覆う暗いムードがいい。
社会に居場所の無い科学者の苦悩は、第一作に通じるモチーフだ。

本多監督最後の映画である。
本多猪四郎ほどの映画監督が、晩年は黒澤さんの補佐に就くだけで自分の作品を撮らなかったのは、ご本人は満足してたのかもしれないけど、ファンとしては残念だ。

本多猪四郎「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」

『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』は子供の頃レンタルビデオで観て以来だから、二十何年ぶりの鑑賞。
全然印象に残ってないということはつまらなかったんだろう。二十何年間ずっと再見しようと思わなかったわけだし。

まあ、今観たってそんなに面白い映画じゃないけど、駄作と切り捨てることが出来ないのは、本多監督の子供への暖かい視線が本物だからか。
天本英世さんの優しい眼差しは、そのまま本多監督のそれである。

いじめられっ子、鍵っ子とはいっても、主人公はご近所さん達ともちゃんと交流があるし、まだまだ社会が正常に機能していた頃の光景が微笑ましい。
(もちろん、昔は深刻ないじめや児童虐待が無かったなんて言うつもりは無い。可視化されていなかっただけだ)

最近だと児童映画として観れば良く出来てるって再評価も多いし、その通りだと思う。
ただ、たぶん本作を楽しめるのは大人のほうで、肝心の子供達にとっては退屈だったろうとしか思えないのが、少し寂しい。

本多猪四郎「キングコング対ゴジラ(4Kデジタルリマスター)」@TOHOシネマズ日劇

さよなら日劇ラストショウ。
遂に観ることが出来た4Kリマスター版『キンゴジ』。

しかしこのポスターはどうなんだろう。コングが完全に添え物だ。

タイトルロゴからあまりの鮮明さに声が出そうになった。
人物の肌の色もすごく自然だが、もう少しイーストマンカラーっぽさが欲しかった気がしないでもない。
単に彩度だけを比べるなら以前観たチャンピオンまつり版のプリントのほうが発色が良い。ただ画面の情報量の前ではそんな不満も霞む。

『キンゴジ』は特撮シーンが同時期の作品に比べて弱いイメージがあったので、4K化で粗が目立たないか心配だった。
しかし目立ったのはマット合成の出来の良さ。これまで自分が持っていたイメージは、画質の悪さに因るところもあったのかもしれない。

音響も素晴らしい。
91年版LDの音が原体験になってしまっている身としては、別の映画を観てるような気分だった。画面全体から漂ってくる祝祭感が凄い。

キンゴジと伊福部音楽に目を眩まされがちだが、本多監督らしさは稀薄な作品だ。そのへんが最近は醒めてきた部分ではある。
いかにも山師的な企画といい、これは田中友幸の商品だろう。面白いけどさ。

本多猪四郎「モスラ対ゴジラ」@神保町シアター

初めて観たゴジラは『モスゴジ』。『VSモスラ』公開前にWOWOWで無料放送されたとき。
当然ビデオに録って何回も観たし、後々LDも買った。
なのに印象が薄い。スクリーンで観るのは初めて。

godzillaagainstmothra
あらためて観ると、細かいところまで本当に良く出来た映画だった。
昔は映画が進むに従ってこぢんまりしていくような印象があったけどそんなこともない。

それでも『キンゴジ』よりスケールダウンした感は否めない。ただ本多監督は前作のコメディタッチが不本意だったらしく、その反省が全編に緊張感をもたらしている。
〈人と人との相互信頼〉がテーマだから、人間の汚ない部分はあくまでも汚なく描く。演じるのは佐原健二と田島義文だし、大映みたいにドス黒くはならないけど、それでも本多演出には珍しく流血を伴う直接的な暴力描写もある。

この映画で唯一残念だと思うのは、セット丸出しのインファント島の岩場。かつて原水爆の実験場にされた悲惨さがイマイチ伝わってこない。
見渡す限り草一本無い荒れ地を、人や動物の白骨が埋め尽くしているようなショットが一つでも欲しかった。それでこそ島民の人間不信や聖なる泉の重さが説得力を持つ。
たとえ予算が無くてもこの場面は粘るべきだったように思う。

dug1
(今日のゴジラはディスクユニオン帰り!)

特撮は凄い。冒頭の排水ポンプやモスラの卵に向かって進む漁船は、『海底軍艦』で海中に飛び込むタクシーに続いて、“特撮だと思わせない特撮”の到達点だと勝手に思う。

ゴジラ出現シーン、オプチカルプリンターを駆使した四日市〜名古屋蹂躙シーン、特車隊の攻撃シーンも、セットから編集まですべて完璧。
成虫モスラとの対決シーンは、操演の凄さはもちろん、円谷英二の編集技術の集大成だ。
カメラスピードを変えたカットを組み合わせるのは当たり前で、短いショットをループ状に(?)再生と逆再生を繰り返して使うことまでしている。放射能を頭部に受けたモスラの動きは昆虫そのものだ。
本来なら戦いようがない二体の見事な戦いぶり。

たぶんこの作品あたりで、円谷さん(本多さんも)としてはゴジラで出来ることはやり尽くした感があったはず。次作で複数の怪獣が絡むのを最後に、ゴジラ映画から新基軸は無くなる。だからこそ円谷さんは前年にはもう円谷プロを作っているし、本多監督の本領もゴジラ以外の作品で発揮されるようになっていく。

dug2

本多・円谷コンビのいくつかの到達点のひとつとして挙げられるのは、『キンゴジ』ではなくて意外とこっちかもしれないと思った。ある意味では最後のゴジラかもしれない。

「別冊映画秘宝 特撮秘宝 Vol.1」

この狂った本について書くのを忘れてた。

tokusatsuhiho

初期の「宇宙船」みたいな濃さ。いい意味でバカバカしいほどの熱量。
『セブン研究読本』の補足(?)部分は、セブンがどうこうじゃなくてカーマニア、ガンマニア以外には本当にどーでもいいような知識がたくさん。
なんの役にも立たないことを追い求める熱がステキ。バカ。

新作ゴジラについての部分はどうでもいいので飛ばして、川北監督の追悼記事やピープロの音響マンのインタビューあたりはすごく読み応えがある。
この濃さで季刊にしてくれたら最高だけど、編集者が死んじゃうよな。

中島春雄「中島春雄怪獣写真集」

ゴジラ生誕60周年の良き日に。
映画秘宝からの濃い一冊。「中島春雄怪獣写真集」。

nakajimaphotobook

帯文の通り珍しい写真がたくさん。印象としては3分の1ぐらいは初公開だろうか。少なくとも自分は初めて見た写真も多かった。
特にキンゴジ、バラゴン、ガイラあたりにはページが割かれてるし良い写真が多い。
もっと版型大きくても良かった気がするが、値段との兼ね合いもあるしこのサイズでベストか。

着ぐるみの質感がよく分かる写真も嬉しいけど、円谷監督と中島さんが撮影の合間に一服してる写真が好き。お互いの信頼関係が伝わってくる。

「別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本」

レジェンダリー版も公開されて、ゴジラ関連本の発売ラッシュである。できるだけ書店で手に取ってみることにしているが、個人的には当たりがない。高額なものほど内容が中途半端だと思う。そこそこ良かったのは「pen」と「夕刊ゴジラ」ぐらい。

1954dokuhon

そんな中ようやく登場した本命が「初代ゴジラ研究読本」である。24日発売でものすごい密度なのでまだ少ししか読んでいないが、とにかく凄い。

まず表紙に成田亨画伯のゴジラを持ってくるところに、ただのムックじゃ終らせない作り手の気概を感じる。この絵はウルトラ怪獣と混載のカードのものだったはずだが、キングギドラなんかはアレンジしてあるのにこの絵だけは成田タッチじゃなくて初代ゴジラの着ぐるみを尊重している。そこがまた素晴らしい。

メイキング写真に珍しいものが多いのは研究読本では当たり前になってしまった感があるが、それでもこの量には驚く。さらに当時の宣材類にも、いままで見たことのないものがチラホラ。紙細工(竹細工?)製の立体看板は「ゴジラの逆襲」のものは見たことがあったが、鎌倉カーニバルなんて催しに第一作のものが参加していたなんてまったく知らなかった。
ゴジラじゃないが、RKO版「キング・コング」宣伝のために鎌倉に建てられたコングの写真なんていうのもある。とんでもなく貴重な写真だろう。

写真を中心に眺めているのでまだインタビューやコラムは読めてないが、坂野義光監督がインタビュアーを務める本多猪四郎監督のインタビューでは、本多監督が第1作に込めた思いが語られる。詳しくはとにかく読んで頂きたい。

これはぜひ秘宝の意地を見せて、円谷英二存命中の作品だけでもすべて「研究読本」化してほしい。かつての「東宝SF特撮映画シリーズ」に変わる新たな定本になるように。

本多猪四郎「ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版」@TOHOシネマズシャンテ

まず。
リマスター云々以前に、「昭和29年」の「ゴジラ」を「初日」に「日比谷」で観ることを疑似体験できるだけで嬉しい。
もちろんシャンテだから日劇とはちょっと場所違うけど、ここで観ることの意味の大きさに変わりはない。

140607hibiya
雨のゴジラ像。天気がいい時とは違った迫力があります。

140607godzilla
個人的にはもうちょっと工夫して欲しかったポスター。オリジナルを活かすという意味ではしょうがないか。

リマスターは当然楽しみだったが、特撮の粗が目立ってしまうんじゃないかという不安も当然あった。
一番心配してたのは、東京湾沿いに鉄条網が張り巡らされるシーンの合成で、やっぱり背景に対して鉄塔部分が揺れてしまっているのだが、モノクロのおかげで色調の違いは感じないので、それほど違和感はなかった。
(勿論そういう観点で観た場合の話なので、今回初めて観る人からすれば、なんだバレバレじゃん、となるかもしれない)

合成技術のレベルは相当高い。
大戸島での出現シーン、品川上陸シーンも合成であることは分かっても、マスクの設定が絶妙なのでほとんど気付かないうちに次のカットに移ってしまう。
品川のシークエンスは実相寺昭雄も分析した名シーンだ。
円谷英二の編集テクニックが冴えに冴える。

画質が鮮明になったことで、着ぐるみの動きもより生々しく伝わってくる。

この作品での中島春雄の演技は、後の“怪獣演技”とは異質のもので、演技というよりゴムの塊をなんとか動かそうとする苦闘そのもの。
特に顕著なのが隅田川から東京湾に逃れるシーンで、セイバーの攻撃にうるさそうな仕草を見せるゴジラの演技。おそらくはもっと大きく動きたかったんだろうなぁと、苦闘ぶりがものすごくリアルに伝わってくる。
このシーンは東宝のステージで撮影に立ち会ってるような臨場感だった。

godzillasumidagawa

正直云って画質の向上は『羅生門』ほどではない、と思った。
でもあちらは画そのものに語らせようとした作品、こちらは本編と特撮の空気感を統一させることにまず神経を注がなくてはならなかった作品なので、比較してもしょうがない。

リマスター効果は音のほうにより顕著に感じられた。
咆哮と足音の迫力、音楽の奥行きが、DVDはもちろん、フィルムセンターで観た状態の良いプリントとも雲泥の差。音圧ときめ細かさの両方を備えた素晴らしい音。
(これも普段40〜60年代の邦画を見慣れているからこう思えるだけで、やっぱり普段そういう映画を観ない人からすればセリフも聞き取りづらいし、音の潰れも気になるかもしれない。でもこれは相当いい仕事だと思います)

作品自体について言うと、ちょっと演技の甘さが気になったりはする。

主演の3人についてもそうなのだが、一番不満なのは有名な「ゴジラに光を当ててはいけません!」と山根博士が群衆にもまれながら言うシーンの、群衆の演技。
危険区域にある自分の家や逃げ遅れた家族友人がどうしても心配で居ても立ってもたまらない、自衛隊員に静止されようがその先に行きたい、だからああいう状態になってると思うんだけど、なんとなく押されたり押したりしてるだけで、切迫さが足りない。
志村喬の演技は当然巧すぎるので、どうしてもそこが気になってしまう。

しかしそれも些細なことで、今回あらためてこれは怪獣映画というよりも戦争映画、もっと言えば空襲を描いた映画だと思った。

いまさら強調するまでもないこんなことを書きたくなるのは先日の産経新聞の記事が酷すぎたから。
この映画を〈単なるアナーキーな娯楽映画〉として観られる人はいろいろ足りてないとしか思えない。

ゴジラが海に去ったあと、負傷者や遺児で溢れかえる病院の描写は、この映画がなにを語ろうとしているのか、無言のうちに強く物語っている。

映画の楽しみ方なんて観る人それぞれの自由だし、観客が100人いれば100通りの映画が誕生する。
しかし、どうしても見誤ってはいけない物語の核というのは必ずあると自分は思う。

枝葉をどう生やすかは各人の自由だが、与えられる根はひとつだ。

この作品が〈反戦・反核映画ではない〉と言い切ってしまうのは、絶対に違う。
ラストの山根博士のセリフを聞けばそれは明らかだ。

国会で山根博士がゴジラと水爆との関係を示唆したあとの、事実を公表するか否かをめぐる代議士達のやりとりは、ある意味でこの映画でもっとも古くなっていないシーンかもしれない。
作り手がいかにシビアに現実を見つめていたかの証。

godzillahibiya

映画の楽しみ方なんて観る人それぞれの自由、と書いたけど、自分にとって今回の鑑賞のいちばん重要なポイントは、冒頭でも書いたように、〈日比谷で観る〉ことに尽きる。

子供の頃とは違って東京の土地勘も少しはあるので、上陸したゴジラが新橋のほうから近付いてきて通過、国会を壊して皇居を一周して隅田川から海へ抜ける、という地図も頭に描ける。
まさに海のほうから今ここにゴジラが向かっているわけで、臨場感が違う。当時、日劇のシーンで日劇の観客が沸いた気持ちを少しだけ追体験できた。
(国会が破壊されるシーンで拍手もしたかった)

上映終了後に、宝田明さんとエドワーズ監督によるトークショー。
宝田さんはお元気で、伊福部先生の生誕百年にも触れていて嬉しかった。「ゴジラVSモスラ」LD-BOX特典映像での、打ち上げで伊福部先生とお会いした宝田さんの嬉しそうな表情が思い出された。

エドワーズ監督はやっぱり日本の観客の反応が気になるようだった。デル・トロみたいにオタクオタクした人じゃない(ような気がする。同族嫌悪と言われようがオタクは嫌いだ)。

ただトークショーの雰囲気が内向きというか、なんとなく狭いファン層に媚びてるように感じられてしまって少し微妙な気持ちになった。

programreissue

復刻版パンフレットは少し高いけど、紙質も結構頑張って再現しているらしい。講談社の「グラフブック ゴジラ」の巻末付録と較べても確かに鮮明さは増している。東宝写真ニュースの復刻も嬉しい。

シャンテを後にして、さっきスクリーンの中で壊されたばかりの雨の日比谷に出た。

本多猪四郎「空の大怪獣ラドン」@フィルムセンター

本当に久しぶりのフィルムセンター。
増税のせいで入場料が若干値上げされていた。それでも充分安いけど。

rodan
なんてったって「ラドン」。いまさらなにも言う必要なし。

今まで観ていたのは発色が悪くて評判の初版LD(下)だったので、フィルムセンター所蔵プリントの状態の良さに感動した。
発色も解像度も高く、特撮シーンじゃなくても画面の隅々まで気が配られているのが分かる。
ブルーレイで観ればあんな感じなのかもしれないが、やっぱりフィルムには敵わない。

ldrodan

冒頭はメガヌロンの兇行をホラータッチで描いていく。やはり初期の作品だけあって描写がひとつひとつ丁寧。
殺された鉱夫の奥さんが容疑者の妹(白川由美)に怒りをぶつけようとして周りの主婦に必死になって止められるシーンは、「ゴジラ」の巡視船の遺族の描写を思わせる。こっちは鉱夫同士の仲の悪さなんかも描かれているので余計に生々しい。

佐原健二が白川由美を慰めていると、突然メガヌロンが乗り込んでくる。本当にいきなりなので驚く。客席でも何人かが声をあげていた。
特撮ファンが対象じゃない回顧上映だと、失笑が漏れることもままあるなかで、珍しい体験だった。

ボタ山に逃げたメガヌロンを炭坑夫と警官たちが追うが、人数が半端じゃなく、このシークエンスがメインのストーリーの前座でしかないことを忘れてしまう。

空に航跡を残して華麗にラドンが登場してからは途端にテンポが速くなるが、このリズムも見事だと思う。
それにしてもパイロットの遺品のヘルメットは血塗れだし、片方のハイヒールを残して消えた新婚カップルはもう片方のハイヒールと共に白骨となって後半登場する。
後年では考えられない描写だが、生物としてのラドンに説得力を持たせることに成功している。

セイバー機のラドン追跡〜攻撃の特撮は本当に見事で、円谷・有川コンビの本領発揮。この重量感を備えたスピード感はその後の特撮映画にもみられない。
ラドンの航跡を延々と追っていくショットはどう撮ったのか未だに分からない。編集も見事。
西海橋下の水中へ着ぐるみごとダイブした中島春雄もすごい。
その後の衝撃波による橋の破壊もすごい。以降の飛行怪獣でもお馴染みの描写だが、やっぱり本作は群を抜いている。

福岡のシーンも何度も観ているのに、観るたびに圧倒される。
フィルムの状態の良さもあって、ミニチュアの細部まで確認できた。とても歩幅で測って作ったセットなんて思えない。
一枚一枚吹っ飛ぶ瓦、バウンドして転がっていく車、倒れてスパークする電線…本当に芸が細かい。
特撮映画を見る醍醐味はこのシーンに集約されてると思うし、本多監督もこの一連のシーンは「最高だ」とおっしゃっている。
(「『ゴジラ』とわが映画人生」実業之日本社)

ラストの阿蘇攻撃シーンは同じ効果音が延々と続くので、音響面で少し工夫して欲しかったものの、そんなのは些細なこと。
有名なラドンの最期は哀しいけど綺麗なシーンだ。
必死に羽ばたくものの力尽きて墜落するラドン。操演と偶然が生んだ奇蹟の瞬間。

「ゴジラ」「ラドン」「地球防衛軍」の3本は別格だとあらためて感じた。

filmcentre