佐渡岳利「NO SMOKING」@シネスイッチ銀座

『細野観光』には結局行けなかった。
都合が付かなかったのもあるけど、ヒルズのあの空間が嫌いということもあったり。
なのでそのぶん、今日は細野さんのドキュメンタリー『NO SMOKING』を。

よくできた映画だ(細野さんを題材にして駄作になるはずがない)が、初めに言ってしまえば、短すぎる。
細野さんの人生を2時間足らずでフォローするなんて、土台無理な話だ。5時間ぐらい欲しい。
それでも、肝心なところは勿論きちんと押さえてある。

個人的には、もっと個々のアルバムについて突っ込んだ話が聞きたかった。
また、細野さんのインタビューがメインなので、周辺のミュージシャンへのインタビューはほぼ皆無。
そこも少し不満。
はっぴいえんど〜ティンパン〜YMO〜アンビエント〜ルーツ回帰、その他サントラや歌謡曲界隈までの人脈を網羅して細野さんについて語ってもらいたかった。
それはそれで膨大すぎるので、まあ夢みたいなものだけども。

それにしても。
細野さんと大滝さんの邂逅は何度聴いても楽しい。
お、Get Together!

細野晴臣「HOSONO BOX 1969-2000」

嬉しい買い物。『HOSONO BOX 1969-2000』。

中身は大昔にレンタルして何百回も聴いてるが、所有する喜びはボックスの場合、格別。

シュリンクとステッカー付きの美品じゃなきゃ嫌だったので、コンディションと値段が見合うものになかなか出会えずにいた。(レンタルしちゃって中身が判ってるぶん、他に聴きたいものを優先しちゃうというのはどうしてもあったし)

それが先日、予約特典の10インチ付きでポンと目の前に。こういうときは後先考えずに買う。

10インチのジャケ裏は細野さんのマンガ。さすが絵が上手い。解説書の奥さんとツイスト踊ってる絵も好き。

まだ『はっぴいえんどBOX』と『風街図鑑』を手に入れないといけない。
気長に集めよう。

細野晴臣「分福茶釜」

chagama

細野さんのインタビュー、というか雑談本。インタビュアーは鈴木惣一郎。
気軽に読めるぶん、同じ平凡社ライブラリーの『ENDLESS TALKING』のような濃さはない。
たぶん相性の問題だろうけど、鈴木惣一郎の質問は本当にどうでもいいことだったり、江戸しぐさなんて普通に口に出したりするので、なんかなぁと思う。やっぱり北中さんのほうが良いけど、本の性質も違うのでまぁこんなもんなんだろう。
たまにスピリチュアルな方面に思いっきり振れたときの細野さんは、話に野球が絡んできたときの大滝さんと一緒でついていけないし、あんまりついていきたくない。
それでもやっぱり細野さんの話は面白い。